FC2ブログ
トップページ - 今日もHAPPY!

今日もHAPPY!

子どもたちの笑顔を増やすために奮闘中の日々を綴ります

三単現のs

中1で習う英文法のなかで「三単現のs」を使いこなせるようになることは重要です。

中1生に「主語がどんなときに動詞にsをつけるかわかる?」 と質問すると

「heとかsheとか」 という回答が多いです。

「じゃあ、your friend や a dog や a tree の場合はどう?」 ときくと、自信をもって答えられる生徒は少ないです。


日本語は「人称」を意識する習慣がないため三人称単数という概念が分かりづらく

中1の間は「主語が I , you 以外の1人,1匹,1個のとき」という表現が伝わりやすいです。

あるいは、be動詞の使い分けはよくできているのでbe動詞に「is」を使うときの主語と同じという考え方も有効です。

また、疑問文と否定文のなかでの動詞は原形を使うというルールを知ってはいるものの

書き換え問題の場合、肯定文を見ながら書いているとうっかりsがついたまま写してしまうミスが多発します。

冬休みを利用して、たくさん演習をしながら「三単現のs」をマスターしてくださいね。


スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment

Latest