FC2ブログ
トップページ - 今日もHAPPY!

今日もHAPPY!

子どもたちの笑顔を増やすために奮闘中の日々を綴ります

レンズの焦点距離(中学理科)

以前は数学の質問が他の科目に比べて圧倒的に多かったのですが、最近の傾向として、理科(物理、化学分野)の質問が多いです。


今日の中学理科の質問のなかから、レンズの焦点距離の求め方を書いておきます。

レンズから物体までの距離と、レンズから実像ができるスクリーンまでの距離を測定した実験結果から焦点距離を求める問題。

とてもスタンダードな問題ですし解き方も簡単なのですが、意外とよく質問を受けます。

焦点距離に関して知っておくべき内容はただ1つ。

物体をレンズから焦点距離の2倍の位置に置くと、レンズからスクリーン(実像)までの距離も焦点距離の2倍になります。

つまり、実験結果の数値のなかからレンズから物体までとスクリーンまでの距離が等しい組み合わせを見つけます。

そして、その値(=焦点距離の2倍)を2で割った長さが答えです。

簡単ですよね! 


また、そのときの実像は物体と同じ大きさになることも覚えておきましょう。


スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment

Latest