FC2ブログ
トップページ - 今日もHAPPY!

今日もHAPPY!

子どもたちの笑顔を増やすために奮闘中の日々を綴ります

物体に働く加速度

物理の等加速度運動の問題で、自由落下、鉛直下投げ、鉛直上投げのように1方向の運動は大丈夫なのに

水平方向投げや斜方投げあげのように放物線を描く運動になると分からない生徒が多いです。


水平方向と鉛直方向に分けて考える必要があるため、式が複雑になることは確かですが

理解しづらくさせている一番の原因は「加速度」の概念が分かりにくいことにありそうです。


物体が運動していると、運動する方向に加速度が働いているような錯覚をうけがちです。

どの方向にせよ投げ出された物体に働く加速度は、重力加速度(鉛直下向き)のみということをまず理解しましょう。

ですから水平方向はいつでも等速運動になります。 これが認識できるだけで一気に問題が解きやすくなるはずです。


次の範囲で、力が働かなければ加速度は生じない(運動方程式)ことを学習すると理解が深まるのですが

まずは、空中を飛ぶ物体は「重力加速度以外の加速度は働かない=水平方向は等速運動」を常に意識してください。


スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment

Latest