FC2ブログ
トップページ - 今日もHAPPY!

今日もHAPPY!

子どもたちの笑顔を増やすために奮闘中の日々を綴ります

分かるように伝える

毎日、生徒のみんなから色々な質問を受けるなかで子どもたちの『表現力』を感じます。

例えば数学の演習中に「この問題が分かりません」と質問がきた場合、大きく分けて3つの質問内容に分かれます。

1つ目は、問題文が複雑で何を問われているのか、日本語の意味が理解できないというもの。

2つ目は、問題の意味は分かるが解き方が分からないもの。

そして3つ目は、解法は分かって解いてみたけれど答えが合わなかったというものです。


いずれであるかを確認しないまま解き方を丁寧に解説しても、もし3番目の質問内容であると時間のムダになります。


このようなズレは日常会話のなかでも起こりがちで、自分が発した言葉(だけ)で相手が正しく理解できそうかどうかを

常に意識することが『表現力』を高めることにつながります。


家族間の会話になると主語が省略されたり、ひどいときは名詞や代名詞だけのやりとりになったりします。

そんなときに、わざと聞き返してせめて『文』で会話をする習慣をつけてもらいたいです。


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

Latest