FC2ブログ
トップページ - 今日もHAPPY!

今日もHAPPY!

子どもたちの笑顔を増やすために奮闘中の日々を綴ります

数Ⅰの難所

高1生の数Ⅰが「場合の数→確率」を学習中です。

中学校の数学でも樹形図等を書きながら数えあげる練習はしましたが、計算をしながら求める問題は初めてで

しかも、問題の種類(=解法の種類)がとても多いために戸惑っている生徒が目につきます。

理系の大学受験生でも数ⅠAⅡBのなかで苦手な範囲としてあげる生徒は多く、1年生が難しく感じて当然ですね。


まずは、順列と組み合わせの区別や和の法則と積の法則の使い分けといった基本事項の理解度を深めましょう。

それから、この範囲は“すぐ”に解答を見て解法を理解しようとする勉強方は適していません。

問題の解法を暗記しようとせず(結果的に覚えてしまうことは良いですよ)過不足なく数え上げるためには

どのようにすればよいかを、よ~くよ~く考える習慣がとても大切です。



条件の与え方によって問題の難度を容易に上げることができるため、定期テストはともかく

大学受験で初めて見る問題に対処する力をつけるためには柔軟かつ隙のない数え方を訓練しなければなりません。

単に数をこなして慣れていけばなんとかなるものではなく、1問1問の式の立て方や場合分けの理由を納得することが必要です。

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

Latest