トップページ - 今日もHAPPY!

今日もHAPPY!

子どもたちの笑顔を増やすために奮闘中の日々を綴ります

物質量

化学の計算問題が苦手な生徒は『mol(モル)』の概念があやふやなケースが多いです。


高1でモルを学習するとき“ダース”と比較しながら説明しています。

鉛筆1ダース と言えば = 鉛筆12本 ということはみんな分かります。

このダースという単位に特別な意味はなく、単に「12」本を1まとめとして1ダースと決めただけですよね。

モルも全く同じ。

原子や分子はあまりにも小さいため1個、2個のように数えることはありません。

その代わりに「6×10の23乗(アボガドロ数)」個を1まとめにして1モルと呼ぶことにしています。

12本 ⇒ 1ダース と 6×10の23乗個 ⇒ 1モル は同じ関係といえます。


化学の数量関係では、このモル(物質量)を使ってあらゆる量を求めることになります。

公式を覚えたり計算演習をしたりする前にモルの理解度を深めることが先決です。

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

Latest