トップページ - 今日もHAPPY!

今日もHAPPY!

子どもたちの笑顔を増やすために奮闘中の日々を綴ります

2次関数の場合分け

高1生の数学が関数の範囲に入っています。

2次関数の最大値、最小値を求めるときの『場合分け』がポイントです。

今までにやったことがない感覚ですから理解して自力で解けるようになるまで時間がかかります。

1学期の数学のヤマになるでしょうね。


2次関数の軸に文字を含む場合や定義域に文字を含む問題などいくつかのパターンがあります。

どんな問題にしても、定義域の両端もしくは頂点のいずれかで最大、最小値をとるので

グラフの形をイメージしながら場合分けに慣れていってください。


また、場合分けをする以前に頂点を求めるための式の変形(平方完成)が正しくできることが先決です。

どんな2次関数の式であっても正確かつ迅速に平方完成ができるまでたくさん演習しましょう。

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

Latest