FC2ブログ
トップページ - 今日もHAPPY!

今日もHAPPY!

子どもたちの笑顔を増やすために奮闘中の日々を綴ります

水銀柱

化学の圧力に関連した問題で水銀柱が出てくると苦手に感じる生徒が多いようです。

具体的な公式がないので式の立て方がイメージできないのかもしれません。


「水銀柱 76cm が 大気圧(1.0×10^5 Pa)相当」と書かれていたら、この内容をどう使うかというと

76cm分の水銀の重力が大気圧とつり合っている(等しい)ので

例えば、浸透圧を求める問題であれば、水溶液の質量と76cm分の水銀の質量の比が

浸透圧と1.0×10^5Paの比と等しいという等式から簡単に求めることができます。

この場合、水銀と水溶液の密度は必ず指示されますから体積×密度で質量を出します。


水銀柱の重力(質量)と圧力(大気圧)が比例関係にあることを利用するだけです。

難しく考えないでくださいね。

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

Latest