トップページ - 今日もHAPPY!

今日もHAPPY!

子どもたちの笑顔を増やすために奮闘中の日々を綴ります

対応能力

3歳の孫娘がこの4月から幼稚園に通い始めました。

初めての集団生活なのでじぃじ、ばぁばは心配でしたが(笑)新しい友達もでき先生も大好きで毎日楽しくして登園しているようです。

そんななか、園内の遊具で遊んでいる途中に落下して鎖骨を折ってしまい、全治1か月半の診断と聞いてビックリ。

それでも、幼児の鎖骨骨折はめずらしいことではなくコルセットをしていれば特に問題はないようなので安心しました。


孫が通っている幼稚園は京都の嵐山にあります。骨折した当日の園の対応を後から聞いて感心しました。

まず、防犯カメラの映像で他の子から何かをされて落下したのではないことと頭などを打っていないことを確認してから

車で病院へ連れて行き、そこで母親と合流して先生から説明を聞きました。

その日の夜には園長先生が自宅へ来て謝罪があり

次の日からは園内で(右の鎖骨が折れていて右手が使えないため)1人の先生がつきっきりで対応してくれているそうです。


新入園児が108名、年長まで合計300名以上の園児がいるので先生やスタッフの人数が多く、怪我(事故)の対応に慣れているのでしょう。

また、病院にかかる費用はタクシー代等もふくめ全て園の支払いになるそうです。


本来、幼稚園や学校内で事故はあってはいけないことですが、それでも起きてしまったとき

どのような対応をするかが、とても大切であると実感しました。

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

Latest