FC2ブログ
トップページ - 今日もHAPPY!

今日もHAPPY!

子どもたちの笑顔を増やすために奮闘中の日々を綴ります

描図

まず、「描図」という言葉がない(広辞苑に載っていない)ことを断っておきます。

描画(絵を描くこと)と作図(許された操作だけで図を作ること)の間をとって、フリーハンドで図を書くこととします。


高校数学の図形問題で、文字情報だけで条件が与えられた場合、自分で図を描かなければなりません。

定規、分度器、コンパスを使わず、三角形や外接円などを書くのは難しいです。

しかも、辺の長さや角度を問題の条件に合わせる必要があり、練習を積まないととんでもない図を書いてしいます。


特に、センター試験のように時間との勝負になるテストでは『描図力』がまったくないと致命傷になります。

正弦定理、余弦定理、方べきの定理、メネラウス,チェバの定理、等々を利用する問題では図を見ながら式をたてます。

その基になる図が本来の形とかけ離れていては話になりません。


問題に書いてある長さや角度を意識して、ノートにフリーハンドで”大きい”図を書いてください。

そして、解答の図と比べて、どこがどう違うかを見つけ、その原因をつかみ、修正します。

これを繰り返していくと、徐々に正しい(大まかに合った)図が描けるようになります。


自分で図を書かず、解答の正確な図を見ながら式を立てて答えを求める練習をしているだけでは

いつまでたっても図が描けるようにはなりません。


テストのときに間違った図を書いてしまうと、それを見て式を立てるわけですから、正解することは不可能です。


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

Latest