ベクトルは難しくない

高校数学の範囲のなかで『数B』は鬼門のようです。

1年生のときは数学が得意だったのに

数列やベクトルで苦労する生徒が多いです。



伊勢高も山高も2年生がちょうどベクトルを学習しています。

ベクトルは方向と大きさだけを持った矢印なのですが

大きく分けて、式だけで解く計算系の問題と証明等の図形問題があります。

そして、それぞれに関して問題のバリエーションが多いため

一通り慣れるまでに時間がかかってしまいます。


逆の見方をすれば

問題の種類が多いだけで、最初の方針を間違わなければ

1つ1つの問題の解き方はパターン化されていて

途中で迷うことなく、すんなり答えにたどりつけます。



教科書の例題レベルでかまわないので

問題を見たら瞬時に解法が浮かんでくるまで

図なども丁寧に書きながら繰り返し演習してください。



ベクトルの範囲は決して難しいわけではありません。

時間さえかければ、必ず得意分野にかえられますからね。


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

Latest