目的意識を持って

学校の定期テストが近づいてくると

何を勉強すれば良いか? と中学生から聞かれます。

中学校の場合、テスト範囲がさほど広くないこともあって

何をするかで迷うより(何でも良いから)勉強時間を増やすことを優先させましょう。


また、学校のワークを何回すれば良いか? も、よく聞かれます。

「3回」と答えることが多いのですが

回数自体に意味があるのではなく、ワークと同じ種類の問題が出たら

確実に正解できるようになることが目的です。

ですから、全問正解できるようになれば、2回で終わっても良いですし

3回やってもまだ解けない問題が残っていれば

自信のない問題だけでもさらに繰り返す必要があります。


3回やれと言われたから、3回やりました。 では

3回とも同じ問題が不正解のままになっているかもしれません。


1回目は、自分ができる問題とできない問題の選別。

ここで、できなかった問題に対する理解、暗記に時間をかけます。

その後、2回目でどこまで改善されたかをチェック。

2回目でも間違えた問題は、さらに時間をかけて

本当に理解しているのか、暗記できたかをよ~く確認します。

そして、3回目に全問正解できるかどうかの再チェックです。


何をするにしても、何のためにやっているのか『目的意識』を持つことが大切。

ここが抜けてしまうと勉強が単なる作業になってしまい結果がともないません。


問題数をたくさんこなすことが自体が目的ではありません。

1問、1問 自信をもって正解できるよう丁寧に進めてください。

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

Latest