教えてもらう

”ラーニングピラミッド(学習2週間後の定着率)” をご存知でしょうか。

「アクティブラーニング」が従来の受け身型の授業(パッシブラーニング)

より優れていることを説明するときによく引用されます。



ピラミッドのてっぺん(定着率の低いほう)から

『講義(5%)』→『読書(10%)』→『視聴覚(20%)』→『デモンストレーション(30%)』

ここからアクティブラーニングになって

『グループ討論(50%)』→『自ら体験(75%)』 と続き

ピラミッドの底辺(定着率が最高) は何だと思いますか?





それは 『人に教える(90%)』 


毎日教える側にいる身としては納得です。


ということは、生徒に質問をして私が教えてもらったほうが本人の勉強になりますね。



塾での授業としては非現実的ですが家庭内ではできそうです。

お子さんを質問攻めにして、色々なことを教えてもらいましょう。

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

Latest