スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人ひとりに

一口に数学が“苦手”といっても その原因は様々ですから

「苦手を克服するために何をすべきか」も、人それぞれです。



例えば“計算ミス”ひとつをとっても 

やみくもに計算練習をしたからといってなくなるものではありません。

  ミスの内容にどんな特徴があるのか? 
  途中の式の書き方に問題があるのか?
  制限時間が課せられるとミスが増えるのか?

そもそもミスのように見えて実はルールを間違えていることもよくあります。



対策をするためには正しい現状把握が必要不可欠なのですが

この作業を本人に任せるのは無理な話です。



生徒の質問に分かりやすく回答することは誰でもできます。



それよりも

テストの答案だけでなく

普段の演習の結果を観察し

ときには行間を読み取りながら

その子が どこに重点を置いて練習すべきかを指示していきます。

スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。