FC2ブログ
トップページ - 今日もHAPPY!

今日もHAPPY!

子どもたちの笑顔を増やすために奮闘中の日々を綴ります

英語の音読

竹内先生のブログにもあるように今後『英単語の暗記』に力を入れます。

最終的には単語を正確に書けることを目標にしますが、順番としては

 「読める」→「意味が分かる」→「書ける」 です。

単語の書き取りテストがあるからといって

読めない、意味を知らない(これはないか )まま何回書いても覚えられません。

漢字に置き換えてみればわかるでしょう。

読めない漢字を練習する人はいないと思います。


単語を覚えるときに まず書き始める のはやめましょう。

読める、意味がわかる、が先です。


中学生がここで困るのは

じゃあ、単語を読めないときにどうすればいいの???

辞書を調べれば意味はわかりますが読み方はわかりませんね。
(中学生は発音記号から読む練習をしないので)

学校の授業を一生懸命聞いて新しく習った単語を読めるようにすること

が大切ですが、それでも読めない単語はでてくると思います。

そのときは、読める人に教えてもらうしかありません。

面倒くさがらずにどんどん質問しましょう。

考えてみると、英語の演習中に単語の読み方を質問してくる生徒は少ないです。

そして

教えてもらって、読めるようになっても使わなければ忘れますから

自宅で英語の教科書を音読する習慣をつけてほしいです。

何とか読めるレベルではなく、スラスラ読めるまで繰り返すといいです。


エムジェックでは、毎日英文をノートに書く宿題を出しています。

これを利用してください。英文を写すときに黙々と書くのではなく

声に出して英文を読みながら書いていけば一石二鳥です。


竹内先生が 何度も みんなに話してくれてますよね。

単語を書くときは「声に出して読みながら書こう!」

必ず効果がありますから ”英語は音読する” 意識を強くもってください

スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment

Latest