FC2ブログ
トップページ - 今日もHAPPY!

今日もHAPPY!

子どもたちの笑顔を増やすために奮闘中の日々を綴ります

archive: 2019年09月  1/1

消費税の変更

No image

明日10月1日から消費税が10%に上がりますね。午前中ショッピングセンターへ行ったら増税前に日用品等の買いだめをしようという人がたくさんいました。定期券を買い替える人の行列やレジ変更の対応に追われるお店の人などが連日ニュースで取り上げられています。消費税が変わると電車の運賃をはじめ何もかも料金が変わりますからそれらに対応するのは膨大かつ大変な作業でしょうし単に消費税が2%アップするだけでなく軽減税率...

  •  0
  •  0

教えると覚える

No image

記憶の仕組みは単純ではありません。どうすれば英単語をはじめたくさんの知識を効率良く覚えることができるのか、だれもが知りたいところです。決まった方法があれば苦労しませんし、確立されていないということは人によって一律ではないのでしょう。それでも「こうすると良く覚えられる」というベストではなくてもベターな経験則は色々と紹介されています。その1つに『他人に教える(説明する)』があります。これは間違いありま...

  •  0
  •  0

指定校推薦

No image

今年の高3生のうち3名が指定校推薦利用を希望していました。それぞれの高校で会議が行われた結果、3名とも希望する推薦をもらえることが決定。一安心です。大学進学後のためにも英語を中心に日々の学習を継続してくださいね。...

  •  0
  •  0

不飽和度

No image

伊勢高3年生から化学の有機の範囲で質問を受けました。「核酸の塩基(A,G,C,T)の構造式を書けるようになろう」 という解説のなかに… アデニンの分子式 C5H5N5 より π結合か環が6つあることがわかる … との記述がありなぜ『6つ』とわかるのか? という質問でした。不飽和度の計算方法ですね。CHOからなる分子の不飽和度はCの数を2倍して2を加えた数からHの数を引き、その値を2で割ったものになります。構造式を考えるうえで...

  •  0
  •  0

摩擦力

No image

高校物理、力学の範囲で運動方程式をたてたり、エネルギー保存則や仕事に関する式をたてたりするさい摩擦力の扱い時に混乱する生徒が多いようです。摩擦力に関する公式は1つしかない(F=μN)のでこれ自体に迷うことはありません。混乱する原因としては、摩擦力の向きと2つの物体の間での反作用の存在です。動いている物体に働く動摩擦力の向きは単純で、動く向きに対して必ず逆方向です。これに対して、静止摩擦力の向きは物体...

  •  0
  •  0

「×」がチャンス

No image

エムジェックは個別演習形式の塾です。生徒一人一人がそれぞれ黙々と問題演習→答え合わせ→見直し→問題演習→答え合わせ→ …のサイクルを繰り返すなかで、どんなことでも自由に質問をしてもらい、理解を深めたり解法を習得してもらったりします。問題演習と答え合わせは勉強の準備をしているに過ぎず、その後の見直しだけが勉強です。ですから間違えた問題にこそ価値があります。だれでも×をつけるより〇をするほうが気持ち良いです...

  •  0
  •  0

オメデトウ!

No image

明野高校3年生のHちゃんから、本田技研鈴鹿の入社試験に無事合格したとの連絡をもらいました。オメデトウ! 8月の上旬に電話をもらい「夏休み中+入社試験日(9月16日)までの間、試験対策をしてほしい」とのことでした。試験内容がSPI(適性検査)だったので、市販の問題集を自学しながら分からない問題を説明するかたちで進めました。高校生で学習した内容は少なく(中学卒業レベル)1つ1つの問題はそれほど難しくないのです...

  •  0
  •  0

オ・ミ・ゴ・ト

No image

一昨日報告した伊勢宮川中3年生のSちゃんに続き、もう一人同学年生Aちゃんの数学のテストが返ってきました。何とこちらも100点満点。 お見事でした!この2名に関しては普段の学習にしてもテスト結果にしても本当に安心して見ていられます。結果的にはどちらか一人しか学年一位になれませんが、もう順位を気にする必要はありません。相手と競争するのではなく、昨日の自分を超えていくことに専念していきましょう。高校に進学し...

  •  0
  •  0

too fast

No image

子どもたちが演習をしている様子を観察していて最近感じることは、1つ1つの作業が速すぎる傾向にあります。問題を読んでから手が動き出すまでの時間、字を書くときの手の動き、答え合わせが終わってから次の問題に移るまでの時間あらゆる動作が速い生徒が多いです。「速い=善、あるいは優秀」という概念が浸透している影響かもしれません。日本人の気質でしょうかね。同じ結果が得られるのであれば速いにこしたことはないのです...

  •  0
  •  0

練習の成果

No image

伊勢宮川中3年Sちゃんの数学のテストが返ってきました。100点満点! 素晴らしいです。いくつかの応用問題を解けていたこともさすがですがそれ以上に、全体の半数ほどある計算問題がノンミスだったことに感心させられます。テストの結果で98、99点と100点を分けるのは学力の差ではありません。本番で1つのミスもおかさないためには普段の演習時にどれだけ本気で取り組めるか、その姿勢が問われます。決して力まず、無意...

  •  0
  •  0

スポーツの秋

No image

朝から伊勢神宮を参拝してきました。平日の7時だいは人も車も少なく、内宮宇治橋近くの駐車場にも余裕でとまれます。暑くもなく寒くもなく、とても快適な気温のなか気持ちよくお参りをしてくることができました。スポーツの秋と言うように今月はたくさんのスポーツ大会が行われています。男子サッカーのワールドカップアジア予選が始まりウインタースポーツであるフィギュアスケート大会も始まりマラソンやレスリングの東京オリン...

  •  0
  •  0

ありがとうございました

No image

来月から通ってくれる中2生Sちゃんのお母さんと午前中に懇談をしました。学校のテストでは全く問題なし、というよりとても優秀な成績です。高い目標に向けて数学を強化したいとのこと。応用問題をじっくり考える習慣作りと基礎を固めてミスをゼロにする質の高い演習を並行して行っていきましょう。そのなかで、高校での自律学習のために自分に合った勉強方法を習得できるようサポートしていきます。...

  •  0
  •  0

さすがです

No image

今日から伊勢宮川中で定期テストが始まりました。学年トップ争いをしている中3のAちゃんとSちゃんがそろって2時からテスト勉強に来てくれました。明日は国語のテストがあるため「文法」の品詞の確認問題を1つ作って試してみました。私は 静かな 海辺の公園で 大きな 犬を連れた 小さい 女の子に出会った。この文のなかにある「静かな」「大きな」「小さい」それぞれの品詞を問う問題です。回答する様子を見ていると2人とも...

  •  0
  •  0

今日の質問から

No image

伊勢高理系3年生のMちゃんから、数列の最小の項を見つける問題の考え方について質問を受けました。このような問題では a(n+1)/a(n) という式を作り、その値が1より小さい、等しい、より大きい、それぞれのnの範囲を求めます。そうすることで第何項まで徐々に小さくなって第何項以降は徐々に大きくなるかが分かり、最小になる項が見つかります。この解法は「数列」と「nで表された確率」の最小(最大)を求める問題でよく使う考...

  •  0
  •  0

工業高専

No image

鈴鹿工業高専1年生の女子が2名通塾してくれています。まだ長い夏期休暇が続いていて、そろそろ休みに飽きてきているみたいです。高専の数学は高校のような「数Ⅰ/A→Ⅱ/B→Ⅲ」という切り分けではなく独自のカリキュラムで進みます。2次方程式のあとに高次方程式まで学習したり、虚数や複素数平面まで登場したり1年生の前期の間に数Ⅱ、数Ⅲの範囲の内容が混在した状態で問題演習しています。1年生から2年、3年生へと順番に内容を高度に...

  •  0
  •  0

解の吟味

No image

中3の数学の進度が学校によって随分違っています。今回のテスト範囲をみていると、二次方程式の前までの中学校と二次方程式の最後までまるまる入っている学校に分かれます。今の時期にここまで差がついていて大丈夫なのか少し気掛かりです。その二次方程式の利用(文章)問題で注意してほしい点が1つあります。ある数量を文字(x)において、条件から等式を作り、その方程式を解いて答えを求める手順自体はこれまでに学習した一...

  •  0
  •  0

とことん計算演習

No image

来週は伊勢宮川中と小俣中で定期テストが行われます。中1数学は文字式の計算中心の範囲になっています。×、÷記号を使わない式の表し方、項、係数の考え方から文字式の色々な計算方法を学習しました。同類項をまとめるときや分配法則を使ってカッコを開くときなどで、間違いが起こりやすいです。特に、符号と分数の扱いを注意して丁寧に計算してください。中学1年生にとっては文字を含んだ項の計算が初めのため、問題式の形が少し...

  •  0
  •  0

伊勢学園高等学校

No image

今日は伊勢学園高校の入試説明会に出席してきました。学校説明、今年の入試結果、来年度入試内容のお話があり、全体通して特に変更点はありませんでした。伊勢女子高校から転身して10年以上が経過し、すっかり男女共学のイメージが定着しています。現在の男女比率は 4:6 で、指導する側からするとちょうど良い割合だそうです。伊勢学園高校の大きな特色である看護科は相変わらず高い人気が続いているとのこと。また、卒業後の進...

  •  0
  •  0

変化の割合

No image

中2生の数学が一次関数を学習中です。範囲の前半で難しく感じるのが「変化の割合」でしょう。まず、言葉の式として『 変化の割合 = yの増加量 / xの増加量 』を覚えながら式の意味を理解してください。そして、一次関数の大きな特徴として『 変化の割合 = 傾き 』がポイントになります。必ずセットで覚えてしまいましょう。また、xやyの増加量の「増加」という言葉のイメージから、常にプラスの値になるということではありま...

  •  0
  •  0

入試説明会

No image

今年も「塾対象入試説明会」の時期になり、今日は皇學館中学・高校の説明会に参加しました。例年同様、中学・高校それぞれの取り組みの紹介と入試結果&来年度入試要項の説明が主な内容です。大学入試改革に伴い、グローバル化(英語教育)とプレゼン等の表現力の育成に力を入れていることが伝わってきました。私の一番の関心事は来春入試における変更点の有無です。中学、高校とも入学試験の内容自体は特に変更無しでしたが・中学...

  •  0
  •  0

前期期末テスト

No image

明日から3日間、御園中で定期テストが行われます。中学校の定期テストは各学校によって行われる時期(回数)や名称が異なります。御薗中はオーソドックスに前期、後期それぞれ中間、期末テストを実施しています。今回は「前期の期末テスト」で9科目のテストです。中3生にとっては今後のテスト結果が内申点に直結するので特に大事なテストになってきます。高校入試に使う内申点は9教科の合計点ですから主要5教科だけでなく副教科の...

  •  0
  •  0

定義は正確に

No image

中3数学の平方根の範囲で「有理数」と「無理数」という言葉を習います。無理数は有理数でない数のことで『分母分子とも整数の分数として表すことができない数』が定義です。これを聞いた中学生は「無理数=分数で表せない数」というイメージでとらえられがちです。すると「無理数を選べ」という問題で、√2は無理数と選択できるのに√2/3 は有理数と間違える生徒がでてきます。定義を正しく覚えていない(理解していない)こと...

  •  0
  •  0

項を意識する

No image

中学生にしても高校生にしても数学の計算ミスを見ていると「項」の意識不足に起因しているものが多いです。項は中1の前半で学習する基本的な内容で難しいものではありません。しかし、計算や式を変更する際にとても大切な『感覚』です。項(数字や文字が掛け算と割り算でつながったもの)は見た目の長さに関係なく、あくまでも1つのカタマリです。数式を見た瞬間に、足し算・引き算の記号のところで切り離し、いくつかの項に分け...

  •  0
  •  0

中和の体積問題

No image

中和反応(中3理科)における酸とアルカリの量的関係問題が分かりづらいようです。濃度の違う塩酸と水酸化ナトリウム水溶液を混ぜ合わせて、ちょうど中性になるときの体積が与えられたあとに両方の水溶液の体積を変えて混ぜ合わせると何性になるか? そして、その混合溶液を中性にするには塩酸、水酸化ナトリウム水溶液、どちらをどれだけ追加すればよいか?この問題のように酸、アルカリに過不足がある場合、両方の体積をみなが...

  •  0
  •  0

数B

No image

高校数学は「数1」「数A」「数2」「数B」「数3」の分野に分かれています。理系の生徒しか学習しない「数3」を除いた残りの範囲のなかで「数B」が苦手になる生徒が圧倒的に多く数Bで扱う「ベクトル」と「数列」が鬼門のようです。伊勢高、山高の2年生が今まさに学習中。 やはり、苦戦していますね。ベクトルと数列が苦手になりやすい原因の共通点はどちらも抽象的でイメージしづらい面と証明問題の難度が高いところではないでし...

  •  0
  •  0

積分(数Ⅲ)演習は良い訓練

No image

数Ⅲの積分の範囲には様々な難問がたくさんあります。微分であれば見た目の式の複雑さと難易度が比例しますが積分は全く異なります。一見、単純な式であってもいざ積分しようとすると大変なことになったり高校数学の範囲では解けなかったりします。昨日、伊勢高(理系)3年生から質問を受けた 1/(cosx)^3 の積分も意外と手間のかかる問題の1つです。定石通りに置換積分で解くと、その過程で部分分数の和に変形する作業が手間...

  •  0
  •  0

展開、因数分解をなめない

No image

中3の1学期に学習した「展開と因数分解」高校数学で必要な計算スキルにおける『基礎』になりますから徹底的に演習して完璧にしてほしいです。しかし、たくさん応用問題を解くうちに「基本」を忘れてしまう間違いが出てきます。例えば、展開の公式(a+b)^2はみんな知っていますし実際に展開できます。それが(√2+√3)^2 のように文字式ではなく数字に置き換わると  = 2+3 =5 とするミスがおきます。また、因数分解では 4x^2 -16...

  •  0
  •  0

イオン・中和(中3)

No image

中3理科のイオン・酸アルカリの範囲が分かりづらいと言う生徒が多いです。その中でも中和反応時における各イオンの増減は難解のようです。中和の化学反応を『酸+アルカリ→水+塩』と習うため、水溶液中に塩の分子が存在していると勘違いしやすいです。硫酸バリウムのように沈殿ができる場合を除き、塩は電離していることに注意しなければいけません。中和の実験では酸にアルカリを加える場合とアルカリに酸を加える場合があります...

  •  0
  •  0

演習時のルール

No image

エムジェックでは中学生がワークを演習する際、全てノートに書いてもらいます。答え合わせ、見直しが終わった後、赤ペンで〇×の記号をワークの問題番号の横に記入し、ページの上隅に日付を書きます。2回目(以降)演習した際も同様に1回目の結果の横(下)に〇×印とその日の日付を記入します。こうすることで、ワークを何回でも繰り返し使えますし、どこまで進めた(繰り返した)かもすぐわかりなおかつ間違えた問題だけをテスト前...

  •  0
  •  0

セプテンバーブルー

No image

午前中の空き時間を利用して山高3年生のHちゃんと今後の受験勉強に関する内容確認をしました。これから受験生一人一人と面談の時間を増やしていきます。さて、夏休み中に頑張った勉強の成果が模試の結果等にすぐ現れることは、残念ながらまれです。「あんなに猛勉強したのに…」と落ち込む受験生が多いかもしれません。そこでモチベーションが下がったり、何か勉強方法を変えなければと迷ったりしないようにしなければいけません。...

  •  0
  •  0