FC2ブログ
トップページ - 今日もHAPPY!

今日もHAPPY!

子どもたちの笑顔を増やすために奮闘中の日々を綴ります

archive: 2019年05月  1/1

受験勉強スイッチON

No image

今週末は高校生の県総体が行われます。この大会で上位に入賞して東海、全国大会へ進めなければ3年生は引退となります。毎年、部活を終えるタイミングで大学受験勉強のスイッチを入れる受験生は多く今年も6月からフリーコースに変更する高3生が複数名います。フリーコースにした生徒たちは、これから毎日、長時間を塾で勉強して過ごすことになります。まだ先は長いですから、どの科目も1から丁寧に復習をして基礎固めに取り組んでい...

  •  0
  •  0

お気に入り2 (四字熟語25)

No image

生徒たちが入試やテストを受けるときに「何があっても慌てず落ち着いて!」と必ず声掛けをします。高校や大学を受験するさい受験生のみんなは大変な努力をし、精一杯の準備をして本番に臨みます。第一志望校の試験当日は相当の緊張感をともないますから、いかに実力を発揮できるかが大きなポイントです。そのような状況下で、例えば、過去問の傾向が大きく変更されるといった想定外のことが起きる可能性は十分あります。そこでパニ...

  •  0
  •  0

三段論法

No image

中学2,3年生数学の「式の利用」の範囲で証明問題を扱います。証明問題には計算によって答えを求める問題とはまた違う難しさがあります。証明の方法には「帰納法」と「演繹法」の2種類があって、高校数学では帰納法も扱いますが中学生は演繹法の代表である三段論法を多用します。三段論法というと難しそうに聞こえますが「A=C かつ B=C」 ならば A=B という単純な関係を利用するものです。例えば、面積S,長さl,定数aの3つ...

  •  0
  •  0

勉強の順序

No image

高校数学の勉強は中学生のときと違って解答を見ながら進めることが多いです。難しい問題ほど、その解法を理解することよりも解法の暗記が先になりがちです。そうすると、何でそんなことをするのかはよく分からないけど答えを出せるということも起きてきます。これだけを聞くと、そんな勉強の仕方は良くないと感じる人もいるでしょう。答え(解法)を丸暗記して解けたとしても何の意味も無いという考え方ですね。でも、私はそれで良...

  •  0
  •  0

分かったときにミスは起きる

No image

テストが返ってくると、自分でも信じられないようなミスがいくつか見つかります。ミスをおかしてしまう原因が1つではないので「どうすれば防げるか」は簡単なことではありません。総じて言えることは“分かった”と思った瞬間に心のスキができやすいということです。難しい問題を解いている途中でミスは発生しません。それは、自然に解くスピードが落ちて結果的に作業が丁寧になるからです。それに対して、易しい問題を解くときは無...

  •  0
  •  0

季節外れ

No image

近年、色々な異常気象が世界中で起きています。今日の北海道で記録した最高気温『39.5度』も並みはずれていました。まだ5月ですよ。 しかも北海道で。5月の全国最高気温を更新したそうです。残暑を避けて運動会を春に実施する学校が増えていると聞きます。自宅近くの小学校も運動会を今日行っていましたが、想定外の暑さになってしまいましたね。...

  •  0
  •  0

平方完成

No image

伊勢高1年生の数学が「二次関数」を学習中です。これまでは、展開,因数分解,実数,絶対値を含んだ方程式・不等式、等の計算中心の範囲でした。二次関数に関しては、グラフを移動したり関数を求めたり、二次方程式や二次不等式と関連付けたりそして、二次関数の最大最小値を求める際の場合分け等、高校数学の最初の難関になるはずです。新しいスキルをたくさん習得していくことになりますがまずは何といっても頂点を求めるための“...

  •  0
  •  0

理科実験の記述問題対策

No image

中学校で行われる理科のテストで「実験」に関する記述問題が必ず出題されます。種々の実験をする際に注意しなければいけない作業内容や手順をきかれます。例えば顕微鏡の使い方で、接眼レンズと対物レンズを取り付けるときの順序であったり炭酸水素ナトリウムの熱分解実験で加熱をするとき、なぜ試験管の口を下げなければならないかであったりこのような事柄を学習したときにその内容を丸暗記したのでは時間がたてば忘れてしまいま...

  •  0
  •  0

お気に入り(四字熟語24)

No image

個人的に私の身近な四字熟語を紹介します。それは「敬天愛人(ケイテンアイジン)」“天を敬い、人を愛す” 西郷隆盛の言葉として有名ですよね。私がこの言葉に初めて触れたのは大学を卒業して京セラに入社したときです。西郷隆盛と同郷の稲盛和夫(当時社長)氏が創立した京セラの社是です。座右の銘とまではいかないまでも、とても好きな言葉になっています。24 敬天愛人 … 常に修養を積んで天をおそれ敬い、人の気持ちを思いや...

  •  0
  •  0

ここから差がつき始めます

No image

先週行われた中間テストの答案が返ってきた中1のY君。5科目合計点が470点を超えました。よく頑張りましたね。でも、ここで気を抜いてはいけませんよ!今までは中学校に入学して初めてのテストということで、緊張感を持ってテスト対策ができました。そして、良い結果が出たとき“中学校のテストはこんなもの”となめてかかると次のテストで痛い目にあうことになります。これはとてもよくあるパターンです。今回は、テストを作る先生も...

  •  0
  •  0

波乱の幕開け

No image

今日から県立高校の中間テストが始りました。が、昨夜から今朝にかけての大雨で一部の電車がストップしたため山高は休校、伊勢高は開始時間を遅らせました。悪天候でスタートが乱れましたが、集中してテストを受験してくださいね。...

  •  0
  •  0

微分 ⇔ 積分

No image

伊勢高3年生の理系数学のテスト範囲に数Ⅲの最後の単元である“積分”が入っています。微分と積分は真逆の操作になるため一括りに議論しますが色々な関数を微分することと積分することを比較すると、その難度は雲泥の差があります。積分のほうが何倍も難しく、種々の関数の微分ができれば積分もできると思ったら大間違いです。特に置換積分と部分積分は、たくさんの演習問題を解くことによって感覚を磨いてください。そして忘れてはい...

  •  0
  •  0

最後まであきらめずに!

No image

日曜日は他の曜日に比べると通塾する生徒の数は少ないです。しかし、今日のようにテスト前の日曜日は別です。テスト勉強をするためにたくさんの高校生が来てくれます。普段からこの勢いで勉強をしてくれたら…   などという正論は言いません。テスト直前にせよ、勉強量が増えること自体は望ましいことです。時間と体力が続く限り、目いっぱい頭を使って勉強に集中してください!...

  •  0
  •  0

質問のポイント

No image

エムジェックは個別演習形式の塾なので一斉授業はしません。その代わりに、毎日、色々な種類の質問を受けます。特にテスト前になると質問の量が多くなります。理系科目の問題に関する質問で、「この問題がわかりません」というものがよくあります。この『わかりません』の中身は大きく2種類に分かれていて1つは「何をして良いかが分からない」つまり、解法が分からないケース。そしてもう1つは、解き方は分かるのだけれど自分の出...

  •  0
  •  0

繰り返し演習の時間配分

No image

中高生の定期テスト対策として学校で使っている問題集を反復演習する生徒は多いです。「分かる」⇒自力で「できる」ようになるための手段ですし、本当にできるかどうかの確認として必要といえます。テスト範囲の問題を3回繰り返すとして、それぞれの回にかける時間配分を意識すると良いです。何も考えずに3回とも同じペースで問題を解いて答え合わせをするのではなく1回目により多くの時間をかけて回を重ねるごとに時間を短くしてい...

  •  0
  •  0

危なかった

No image

今日は所用で朝から車で京都を往復してきました。新名神高速リフレッシュ工事のため上下線とも信楽と草津の間が1車線規制されており渋滞が発生していました。特に帰りは渋滞が11kmまで延びていたので名神高速の栗東で降りて1号線を走り、甲賀から新名神に乗り直しました。うまく渋滞を避けられたので1時前に戻ってくることができ、2時からの授業に間いました。もし、まともに渋滞につかまっていたらと思うとゾッとします。リアルタ...

  •  0
  •  0

初めてのテスト

No image

明日、明後日と玉城中学で1学期中間テストが行われます。中1生のY君にとって初めての定期テストです。春休み以降、とても丁寧に勉強に取り組んできました。5科目ともしっかり準備はできています。あとは、落ち着いてテストを受けることさえできれば何の問題もありません。ミスに注意して実力を発揮してきてください。...

  •  0
  •  0

違和感しかない(四字熟語23)

No image

議員さんたちが四字熟語を使っているのをよく見聞します。北方領土の返還に関して「戦争」を持ち出してしまい、維新の党から除名処分された丸山穂高衆議院議員。ツイッターで “ … 虚心坦懐にその処分を受け止めるとともに … ”と、つぶやいていました。いくら酒が入っていたとはいえ、公人として戦争の二文字を口にするのはさすがにアウトでしょう。批判的なリプライが多いなか、応援している人も少なくないことにちょっとビッ...

  •  0
  •  0

和と差の有効数字

No image

高校物理や化学の計算問題を解くとき「有効数字」に気をつけなければいけません。有効数字を何桁で答えるかは問題に出てくる数値の桁数に合わせるのが基本です。高1物理の等価速度運動の問題演習で危うく間違えるところでした。問題文に登場する加速度、初速、変位、の各値が全て2桁で揃っていると、深く考えずに答えも2桁で出せば良いと考えがちです。ここで注意しなければいけないのが、足し算、引き算をした答えの有効数字は桁...

  •  0
  •  0

マザーズディ

No image

今日は5月の第二日曜日ということで『母の日』ですね。私の母は90近い高齢ですが、お陰様で健在です。私が高校を卒業してからずうっと離れて暮らしているため何十年も、年に数回しか会う機会がありません。色々な母と子の関係があるでしょうけれど、お母さんは子どもに対して無償の愛情を与えてくれますし子どもが成長するうえで、ときには自分を犠牲にしてでも、とてもとても大活躍してくれています。どんなかたちであれ、感謝の...

  •  0
  •  0

教えない(?)

No image

高大接続改革におけるキーワードの1つである『思考力』いかにして思考力を伸ばすか?計算練習や知識の暗記に比べて文章問題を演習したほうが思考力を鍛えるとの観点から”思考力を高める”と銘打った問題集もたくさん登場しています。また、正解のある問題を解くのではなく、哲学のような答えのないテーマについて話し合う試みも行われています。様々なアプローチの方法があるでしょうけれど、私が常日頃意識していることは「教え過...

  •  0
  •  0

今年度最初のテスト

No image

大型連休が明けて3日間授業を終えました。生徒を見ていると、リフレッシュできて勉強に集中している子と疲れが残っているのか体が重たそうな子に分かれています。また、朝晩の気温差が大きいためか体調をくずしてお休みしている生徒もいます。来週以降、中学、高校で定期テストが始まるので早く生活のリズムを元に戻してテスト対策にしっかり取り組んでもらいたいです。...

  •  0
  •  0

場合分け

No image

伊勢高1年生の数学が絶対値を含む方程式や不等式を学習中です。この範囲が子どもたちにとって難しく感じる原因は「場合分け」。高校数学では当たり前の作業でも中学校でやったことがないため生徒にとってはとまどう内容です。絶対値の中に文字式がある場合、その式の値が正か負かによって絶対値をはずしたときの式が変わります。つまり、式の値が正になる場合と負になる場合とで2つの答えが出るため2通りに場合分けをして答えなけ...

  •  0
  •  0

指数・対数関数

No image

伊勢高2年生の数学が指数・対数関数の範囲に入っています。定義をきちんと覚えることと、それぞれの関数のグラフの形をイメージできるようにしてください。中学校では扱わなかった新しい内容のため、計算の仕方や種々の問題に慣れるのに時間がかかります。特に対数の計算は最初のうち間違えまくるはずです。そこで投げ出さずに同じ問題を繰り返し解くことでクリアーしてほしいです。中間テストが近いので時間との勝負になるかもし...

  •  0
  •  0

計算演習を反復しよう

No image

久しぶりの授業+今日から新しく通ってくれる生徒が数名いたことで少しバタバタしました。中学生の数学はどの学年も計算中心の学習となっています。計算のルールそのものは複雑でなくても、色々な形での間違いが発生します。計算を速くかつ正確にこなすには頭を使うというより、それぞれのパターンに体が慣れるまで繰り返す必要があります。一度に5問程度なら全て正解できるのが50問になると1~2問ミスしてしまう生徒が多いです。...

  •  0
  •  0