FC2ブログ
トップページ - 今日もHAPPY!

今日もHAPPY!

子どもたちの笑顔を増やすために奮闘中の日々を綴ります

archive: 2018年09月  1/1

臨時休講

No image

台風24号が強い勢力を維持したまま紀伊半島に向かって接近中。夕方から夜にかけて伊勢は暴風域に入りそうです。生徒の安全確保を最優先しなければいけないので本日はお休みとさせていただきます。朝は気持ち悪いくらいに静かです  が、  どこかで天候が急変するはずです。みなさん、十分に気をつけてくださいね。...

  •  0
  •  0

意識的

No image

2020年から始まる高大接続改革のキーワードとして「思考力」「判断力」「表現力」が注目されるようになりどうすればこれらの力を伸ばせるか、対象学年をかかえる中学、高校で議論され、試行錯誤が続いています。そのような教育機関による対応に頼るだけではなく、生徒個人が心掛けておきたいこともあります。勉強に限らず、部活、読書、日常会話など普段の生活における様々な場面において“何となく”~するのをやめ、1歩踏み込んで...

  •  0
  •  0

ぜんけん模試の結果

No image

夏休みの終わりに中学生が受験した『三重ぜんけん模試』の結果が返ってきました。中1、中2、中3とも受験した全員、伊勢高(普通科)の「合格可能性判定」が最高の95%でした!みんな夏休み中の勉強の成果が出てくれて嬉しいです!!これからも気を緩めず、また、入れ過ぎずに淡々と勉強を積み重ねていきましょう。一生懸命に演習をこなすことに集中するがあまり、単純作業のようになってしまうことがあります。単に答えを出して〇か...

  •  0
  •  0

皇學館中学校、高等学校の入試説明会

No image

今日は皇學館中学校、高等学校の塾対象入試説明会に出席してきました。来年度入試の変更点として、中学校のA日程入試で選択科目に英語が加わり、英検取得者に加点が行われます。高校入試に関しては特に変更ありませんでした。先日の三重中、高校さんのときにもありましたが、この地域の子どもの人口減少を示すグラフを提示しながら今後ますます加速する少子化に対して私学の経営を安定させるためにも学業(進学結果)はもちろんス...

  •  0
  •  0

またですか

No image

沖縄の南の海上をウロウロしていた台風24号、どうやら日本列島を縦断する進路をとりそうです。今年は地震や豪雨による災害が各地で起こっています。今度の台風も勢力が強いので新たな被害が出るかもしれません。予報を注意しながらできる限りの備えをしておきたいですね。...

  •  0
  •  0

三重中学校、高等学校の入試説明会

No image

三重中学校、三重高等学校の塾対象入試説明会に出席してきました。昨年度からの大きな変更はなく、中学校の後期入試でtop35クラス以外にも若干名の合格を出す可能性が追加されました。楽しみにしていた中学校校長先生のお話は子どもたちの読解力が低下していることを危惧されていて、いかにして読解力を上げるかという心配事(?)について新井紀子さんの著書の内容を引用しながら、先生の考えや中学生への取り組みの紹介でした。...

  •  0
  •  0

再認識

No image

高校生から受けた質問の問題を解いていました。答えとなる値の範囲を求めるために4つの条件式(不等式)がたちました。それらを1つずつ解いて全てを満足する範囲を求めようとしても共通部分が無くなってしまいます。四則計算は電卓を使うため計算ミスはあり得ませんし、何度解き直しても同じことの繰り返しで困りました。そうこうしている間に中学生から質問を受けて先に対応し、あらためてやり直してみると計算の途中で、書いてあ...

  •  0
  •  0

ベクトルをマスターしよう!

No image

伊勢高2年生が数Bのベクトルを学習中です。数ⅡBのなかで、ベクトルと数列が苦手になり易い範囲ですから1つ1つ丁寧に勉強を進めていきましょう。ベクトルは「向きと大きさ」が同じであれば、始点がどこかに関係なく等しいベクトルであることに慣れてください。図形問題として解くときと成分で計算していくときの二刀流の考え方にも要注意です。また、ベクトルの演算である和、差、積(内積)のうち、引き算の感覚がつかみづらいので...

  •  0
  •  0

彼岸

No image

一昨日(9月20日)が彼岸の入りでした。 23日が中日で、26日までの7日間がお彼岸です。春と秋にある彼岸の期間中にお墓参りをするのは日本独自の習慣だそうです。『彼岸』とは仏の世界のことで、人間が住んでいるこの世である「此岸(しがん)」と川をはさんだ対岸になります。彼岸が西、此岸が東に位置していて太陽が真東から昇り真西に沈む春分の日と秋分の日にその距離が最も縮まると考えられています。お彼岸に食べる「おはぎ...

  •  0
  •  0

明日と明後日

No image

明日(22日)、明後日(23日)とエムジェックは連休になります。今回のお休みは特に予定を入れていないので、お墓参りと身の回りの片づけ(断捨離)と受験生一人一人のこれからの作戦をたてます。...

  •  0
  •  0

よく頑張っています

No image

夏休み明けに行われた実力テストや模試の結果が返ってきています。厚生中3年のSちゃん、伊勢高1年のMちゃん、山高3年のMちゃんが学年順位1桁に入るなど多くの生徒が自己ベストを更新していますね。ある日突然学力が大きく伸びるようなことはありません。毎日の努力を継続した先にのみ、少しずつ(しかし確実に)その成果が表れます。1mmで良いから昨日の自分を超えていきましょう。...

  •  0
  •  0

片方だけをシンプルに

No image

例えばリトマス試験紙の色の変化は酸性とアルカリ性で赤→青か青→赤か低気圧と高気圧の風の回転方向は時計周りか反時計回りかのように、理科の暗記事項で「どっちだったかなぁ??」と迷ってしまうことがあります。真面目な生徒のみなさんは『酸性は青→赤でアルカリ性が赤→青』と、一生懸命に覚えようとします。でも、時間が経つと あれ??? となってしまいます。このようなケースでは、相反する2つの内容(両方)を覚えるより...

  •  0
  •  0

体験お疲れ様

No image

今日は宇治山田高校1年生のM君が体験授業に参加してくれました。ありがとうございます。とても集中して数学の演習に取り組めていましたね。ぜひ、一緒に勉強していきましょう。...

  •  0
  •  0

まともにいくか、逆から攻めるか

No image

伊勢高、山高とも1年生の数学が場合の数・確率の範囲を学習中です。樹形図や積・和の法則を使って数える練習に始まり、順列、組み合わせを組み合わせた種々の問題があります。問題の種類が非常に多く慣れにくいため、みんな苦戦しているようです。計算力ではなく、思考力が問われます。1つ意識しておいてほしいことがあります。『まともに数えるべきか、逆を数えて全体から引くべきか』の2つの方法を検討することです。「少なくと...

  •  0
  •  0

理科は教科書

No image

世の中は連休なんですね。休み明けからテストが始まる中学生が連日テスト対策に来てくれています。中3理科のテスト範囲が『イオン』の章です。原子とイオンの違い、電解質と非電解質、電気分解、化学電池、酸・アルカリ、そして中和計算はなく、ほとんどが暗記事項なのですが、なぜか毎年「分かりにくい」と言われる範囲ですね。おそらく、新しく出てきた言葉、イオン式や電離の式などを丸暗記しようとして混乱するのでしょう。そ...

  •  0
  •  0

100点満点イイ気分♪

No image

いつもいつも、部活も勉強も全力で頑張ってきた中2のKちゃん。テストの学年順位が10位まではいくものの、なかなか目標の一桁になれなくて悔しい思いをしてきました。が、ついにやりました! 夏休み明けの実力テストで学年『6位』。しかも、一番苦手にしている数学が100点満点!!(理科も100点)いやぁ~ 嬉しいですね。もちろん、結果がどうだったかということよりも日々の努力を継続することのほうが大切です。それでも、努力...

  •  0
  •  0

伊勢学園高校の入試説明会

No image

毎年9月は私立高校の塾対象入試説明会が開かれます。今日は伊勢学園高校の説明会に出席してきました。昨年まで中心になって入試関係の説明をしてくれていた(元)教頭先生が今年の4月から校長先生になり新たに女性の教頭先生が誕生されていました。説明会を担当した先生方が全体的に若くなったことと、昨年完成した新校舎が会場になったことでリフレッシュされた印象です。参加した塾の数は昨年より多く、伊勢市以外の志摩、松阪、...

  •  0
  •  0

後期選抜検査対策(英語編)

No image

三重県県立高校入試の後期選抜検査問題は各科目とも毎年ほぼ同じ構成になっています。来春の試験問題が同様である保証はないものの、変更は無いという前提で対策していくべきです。5科目のなかで大きな特徴があり、毎年対策の効果を出しているのが英語です。大問が4問あり1問目のリスニングと3問目の条件英作文の配点がそれぞれ50点満点中18点と12点、合計30点で全体の6割を占めます。残りの20点分は対話文と長文問題で読解力(単...

  •  0
  •  0

解の公式は万能

No image

中3で学習する『二次方程式の解き方』には大きくわけて3つの方法があります。まず平方根を利用する解き方、2つ目は因数分解の利用、そして3つ目が解の公式です。どの解き方も、それぞれでやることはハッキリしているので考える作業としては因数分解くらいですね。分数が混ざり一見複雑そうな問題でも瞬殺できるようになるまで演習を繰り返しましょう。本来、3つの方法のどれを使うべき問題なのかをすぐに判断できるようになっても...

  •  0
  •  0

混乱を防ぐ暗記方法

No image

受験勉強の半分以上は暗記です。各科目で様々な語句や事柄や公式などを覚えなければいけません。なかには、2つを対にして覚える内容があります。 理科に多いですね。例えば、酸性とアルカリ性それぞれのリトマス試験紙の色の変化は青色→赤色と赤色→青色とか高気圧と低気圧で風の回転方向が時計回りと反時計周りとかで、このような事柄を問われたときに、どっちがどっちだったかを迷ってしまったらアウトですが理由の根拠(なぜ酸...

  •  0
  •  0

数Ⅰの難所

No image

高1生の数Ⅰが「場合の数→確率」を学習中です。中学校の数学でも樹形図等を書きながら数えあげる練習はしましたが、計算をしながら求める問題は初めてでしかも、問題の種類(=解法の種類)がとても多いために戸惑っている生徒が目につきます。理系の大学受験生でも数ⅠAⅡBのなかで苦手な範囲としてあげる生徒は多く、1年生が難しく感じて当然ですね。まずは、順列と組み合わせの区別や和の法則と積の法則の使い分けといった基本事項...

  •  0
  •  0

小論文

No image

大学のAOや推薦入試対策として「小論文」の練習をしている受験も多いと思います。ある学校で使っている『小論文 評価シート』を見ました。これには、どのように小論文を評価するかが具体的に書かれています。『分量』『課題の理解』『説得力』『文章の構成』『表現力・語彙力』の5項目についてそれぞれ4段階での評価基準が記されているので、書くときの指針や注意事項として参考になります。例えば『課題の理解』の”3”(1が最低、4...

  •  0
  •  0

英語塾のご紹介

No image

知り合いの「小6生~中3生対象の英語塾」をご紹介します。場所は伊勢市豊川町(ベリー藤里店のすぐ隣)で、個人レッスンをされています。とても熱心で指導経験豊かな女性の先生です。テスト対策だけでなく『発音』から丁寧に教えてもらえますしリーズナブルな授業料ですからオススメですよ。対象学年で英語塾を探してみえる方は無料体験レッスンも受けられますから、ぜひ問い合わせてみてください。★電話番号 (0596) 22 – 5853 ...

  •  0
  •  0

センター試験申し込み時の注意!(理科)

No image

センター試験の申し込みをするときの科目選択で理科に関しては下記の4つのパターンがあります。1) 基礎→2科目 2)専門→1科目 3)基礎→2科目+専門→1科目 4)専門→2科目国公立大学を受験する場合、文系学部の生徒は1)を、理系学部の生徒は4)を選択するパターンが多いです。しかし、文系でも理系でも受験できるよう考慮されている学部も少なくありません。一般論としての推奨ではなく各自の志望校で具体的に十分確認して...

  •  0
  •  0

もうひとガンバリ

No image

『知っている』ことと『使える』ことは違います。『わかる』と『できる』は別次元です。解説を読んで理解する、あるいは他人から教えてもらって分かってもテストで正解できることにはなりません。”分かった”後にどれだけ問題演習を反復したか、暗記した内容を短時間でアウトプットできるかの確認をしたか自力で正解できるところまでが1セット。問題と解答を目で見ただけ、答えを写して納得しただけの学習では不十分です。必ず自力...

  •  0
  •  0

県立高校合格講習

No image

エムジェックをスタートさせてから25年が経ちました。この間、伊勢高校受験に関しては国際コースを含めて100%合格を達成、継続しています。塾生のみんなが毎年、真剣に頑張ってくれた結果です。特に中3の間に行う夏期講習、県立高校合格講習、冬期講習の3つの講習が大きな成果を上げていると実感しています。今年の夏期講習も午前中3.5時間,午後から3時間,夜2時間と、1日8.5時間の勉強を積み重ねてくれました。そして、来月から...

  •  0
  •  0

台風21号

No image

今日の台風の風は家の中にいても怖いくらいでした。午後2時過ぎに停電したためTVも見れずエアコンも使えず、蒸し暑く暗い部屋の中でひたすら復旧を待つのみ。夕方になって風雨がおさまってきたため教室へ来てみると、幸い停電していなかったので6時半から授業を開始します。車で移動している途中、看板が飛ばされたり、コンビニのガラスが割れていたり、家の外壁がはがされていたりあちらこちらで暴風による被害が見られました。み...

  •  0
  •  0

まず具体的に書き出す

No image

土曜日に行われた高3対象全統記述模試(数学)の群数列の問題で質問があり、解説しました。群数列の問題では数列そのもののや項数の規則性を見つけて効率よく計算しなければいけません。その点で、今回の問題は難度が高いものでした。また、“第k群のm番目”のように文字を使った一般形で問われるため、より複雑な印象を与えます。こんなときは、いきなり k や m といった文字のまま解こうとせず、“第3群の5番目”のように具体的...

  •  0
  •  0

個別演習形式

No image

塾を指導形式で分類すると「一斉指導」「個別指導」「個別演習」に分かれエムジェックは「個別演習形式」です。個別演習形式を採用した最大の理由は各生徒が“自分のペース”で勉強できることです。塾を始めた当初は少人数の一斉指導と個別指導を合わせたかたちでしたがたとえ少人数であっても学力にバラツキがあるため、どのレベルに合わせた授業をしてもその内容やスピードが合わない生徒が出てしまいます。個別演習形式であれば他...

  •  0
  •  0

大学入試問題が教科書レベルといわれる理由

No image

赤本の”対策”の内容を読むと、教科書レベルの復習(演習)をするように書かれていることが多いです。でも、実際に大学の過去問を解いてみると教科書レベルではなく、とても難しく感じるはすです。数学は、方程式、関数、平面図形、確率、のようにいくつかの分野に分けて学習します。それぞれの範囲で公式を覚えたり特有の解法を学んだりしますが分野をまたいで、様々な場面で利用できる「道具」が数多くあります。展開、因数分解、...

  •  0
  •  0