FC2ブログ
トップページ - 今日もHAPPY!

今日もHAPPY!

子どもたちの笑顔を増やすために奮闘中の日々を綴ります

archive: 2018年05月  1/2

決まりましたね

No image

来月行われるサッカー・ロシア・ワールドカップへ臨む日本代表23名が発表されましたね。選ばれた顔ぶれは“経験重視”で前回のブラジル大会と大差のないチームになりました。この4年間の準備は何だったのだろう?! と強く感じるのと、中島選手や久保選手などの今シーズンヨーロッパで活躍した選手を見たかった人も多いと思いますが大会直前に監督が変わるハプニングがあり西野さんとしては若い選手を抜擢するリスクを避けたのでしょう...

  •  0
  •  0

緩急をつける

No image

計算ミスを無くすための方法(工夫)は色々あります。集中の仕方もその1つです。演習に集中できず、うっかりミスをしてしまうことはあります。そうではなくて、ずうっと集中していたにもかかわらず、ところどころでミスが出てしまうこともあります。自分はよくミスをしてしまうという自覚のある真面目な生徒にありがちです。集中した状態を長い時間持続させることは困難です。自分では集中しているつもりでも途中で無意識にフゥッ...

  •  0
  •  0

文字のマジック

No image

方程式には通常“x”を使います。関数は y = f(x) が多いです。このように普段見慣れている文字を別の文字に変えられると戸惑う生徒が多いです。例えば y = x^2-3x+1 であれば二次関数を表していて、最小値の求め方も分かるのですがこれが m = a^2-3a+1 に変わりm(a) の最小値を求めよ と言われると何をしたら良いのか分からなくなります。方程式にしても関数にしても使う文字に決まりはありません。中学数学は一定の文字が使われる...

  •  0
  •  0

物質量

No image

化学の計算問題が苦手な生徒は『mol(モル)』の概念があやふやなケースが多いです。高1でモルを学習するとき“ダース”と比較しながら説明しています。鉛筆1ダース と言えば = 鉛筆12本 ということはみんな分かります。このダースという単位に特別な意味はなく、単に「12」本を1まとめとして1ダースと決めただけですよね。モルも全く同じ。原子や分子はあまりにも小さいため1個、2個のように数えることはありません。その代わりに...

  •  0
  •  0

答えの確認

No image

数学の問題を解いたとき、答えが合っているかを自分で確かめられることは少なくありません。代表的なものに『方程式』があります。1次方程式、連立方程式、2次方程式、… その種類に関係なく、求めた解を方程式に代入すれば簡単に確認可能です。高校数学では数列の一般項や和の式を求めたときにn=1と2の2つを代入して確かめると良いです。積分の問題では不定積分をした際、微分して元の式に戻るかどうかを毎回確認するべきです。こ...

  •  0
  •  0

本気のスタート

No image

山高3年生のMちゃんと面談をしました。第一志望校や志望学部が決まっていなかったので現状の整理と、これからの勉強方法に関する方針を共有するためです。将来やりたいことが具体的でないと志望学部、志望大学を絞り込む決め手が見つかりづらいです。国公立大学の文系学部志望ということは確定しているので当面はセンター対策に的を絞り、まずは勉強時間を増やしていくことを最優先課題にしました。過去、大学受験生のほぼ全員が口...

  •  0
  •  0

予習の効果

No image

三重中2年生のAちゃんは数学で苦戦しているとのことで4月から通塾してくれています。もともと算数は得意だったのが中学校の授業のスピードについていけていないようでした。春休み中から、復習ではなく2年生の範囲をどんどん予習していきました。自学の様子を見ても質問時の応対にしても、数学が得意に変わる確信がありました。そして今回のテストで90点を取れました。 よく頑張りましたね。部活も忙しそうなので勉強時間の確保が...

  •  0
  •  0

落ち着いて!

No image

今日、明日は度会中でテストがあります。1年生にとっては初めての定期テストです。小学校のテストとは雰囲気が全く違うはず。緊張するかもしれませんが、準備はできているので問題文を丁寧に読んで力を発揮してきてくださいね。...

  •  0
  •  0

なんだかなぁ

No image

昨日と今夜の日大アメフト問題での記者会見に関して、怒りや色々な感情、意見を持ったと思います。見る人の年齢や立場によっても捉え方が異なるかもしれませんが多くの人が日大選手の潔さ、勇気を認めそれとは対照的に監督、コーチ、日大広報に対して何とも言えない不誠実さを感じたはずです。政治の世界でも似たようなことが繰り返されています。なぜ、自分の非を素直に認めて「ごめんさい」が言えない大人が多いのか。これがもし...

  •  0
  •  0

計算力の基礎

No image

中2の数学が“連立方程式”の範囲にはいってきました。これから先、より高度な数学を学習していくうえでかかせない『計算力』を身に着けるためには中2の1学期に習う式の計算、変形、そして連立方程式、この範囲の演習をとことんやることがとても大切です。分数の扱いや文字式の乗除法、項のとらえ方、そして連立方程式を速く解く力これらが確立できれば、中3~高校数学で使う複雑な計算が苦にならなくなります。単にルールを理解して...

  •  0
  •  0

2次関数の場合分け

No image

高1生の数学が関数の範囲に入っています。2次関数の最大値、最小値を求めるときの『場合分け』がポイントです。今までにやったことがない感覚ですから理解して自力で解けるようになるまで時間がかかります。1学期の数学のヤマになるでしょうね。2次関数の軸に文字を含む場合や定義域に文字を含む問題などいくつかのパターンがあります。どんな問題にしても、定義域の両端もしくは頂点のいずれかで最大、最小値をとるのでグラフの形...

  •  0
  •  0

ミスを減らすには

No image

計算ミスを減らすためにはどうすれば良いか。何か気の利いた方法があるかというと特別なことがあるわけではなくて体が覚えるまで演習を繰り返すことが一番の近道です。スポーツの練習に例えると分かりやすいです。野球で内野の守備が苦手だったとしましょう。何をすべきか。もちろん理論も必要です。グラブの出し方や腰の落とし方など、コーチや先輩から指導を仰ぐべきです。しかし、いくら正しい捕球の仕方を学んだところで実戦練...

  •  0
  •  0

まだまだですね

No image

この齢になって初めて知ることや今まで勘違いしていたことに気付くことがときどきあります。今日は 楓 について「えっ、そうだったの ?!」がありました。童謡の『紅葉(もみじ)』の歌詞でおなじみの“楓”私はずうっと、もみじとは別の木の種類だと思っていました。ふと楓ってどんな木でどんな葉っぱなのか知りたくなり画像検索したところ楓=もみじ(厳密には違いがある)のことと初めて知りました。まだまだ身近なところに知らな...

  •  0
  •  0

確率の問題

No image

高校数学「ⅠA」「ⅡB」「Ⅲ」のなかに色々な単元があり人によって得意不得意になる分野は様々です。そのなかで『確率』の範囲が苦手という生徒が多いです。これは偶然なことではなくむしろ必然なのです。純粋な難易度が最も高いというわけではありません。他の分野と違って定石が無いというか、これだけを押さえておけば多くの問題が解けるようになるというものが存在しません。教科書やチャートの例題をマスターしたからといってセ...

  •  0
  •  0

丁寧さが必要

No image

数学の勉強方法として同じ問題を反復することは良いことです。かといって、回数を増やすことを優先し過ぎるのも問題です。2回より3回、3回より4回繰り返した方が成果は上がるはず。なのですが、各回が雑な作業になっていては意味がありません。あくまで1回1回を集中して丁寧に解き、見直さなければいけません。1回目より2回目、2回目より3回目になるにつれて、理解度、正解率、速さ、それぞれが高まって初めて反復の効果があります...

  •  0
  •  0

テスト2日目の夜

No image

毎日テスト勉強に来てくれている高校生に“疲れ”が感じられます。テスト期間が4日間の場合、2日目の夜が一番キツそうです。3日目の夜のほうがより疲れがたまるはずですが次の日でテストが終わるため『最後のひとふんばり!』と思えるから頑張れます。それでもみなさん黙々と勉強に集中できていましたよ。...

  •  0
  •  0

3ステップ

No image

テストで安定して高得点をとれるようになるまでに3つの段階があります。まず最初は理解します。 分からない⇒「分かった」に変わることです。その次は自力で解けるようにならなければいけません。分かる⇒「できた」にレベルアップです。このステップはとても重要です。『分かる=できる』と勘違いしてテストで思わぬ結果になってしまった経験がある生徒も多いでしょう。そして、最後は速く解けるようになってください。一口に「解...

  •  0
  •  0

よく頑張りました

No image

この週末(一昨日と昨日)2日間の教室で勉強した合計時間のトップ3を発表します。第3位は厚生中3年生のSちゃん『13時間06分間』土曜日⇒14:57~17:32+18:43~22:04 日曜日⇒14:00~18:02+18:56~22:04 第2位は伊勢高3年生のTちゃん『14時間20分間』土曜日⇒15:04~19:01+20:07~22:57 日曜日⇒14:27~18:32+19:34~23:02 そして第1位は伊勢高2年生のSちゃん『14時間30分間』土曜日⇒15:19~22:04 日曜日⇒14:19~22:04 Sちゃんは中学生の...

  •  0
  •  0

Mother's day

No image

今日は“母の日”ですね。世界各国に存在していて日本と同じ5月の第二日曜日が多いものの他にもさまざまな日に設定されています。お母さんに対して、日頃の労をねぎらうと同時に感謝するという趣旨は共通でしょう。カーネーションに代表されるプレゼントを渡すかどうかは別にして言葉で謝意を伝えることは誰にでもできます。本来、毎日すべきことかもしれませんが、1年に1度でも「毎日本当にありがとう」をきちんと表現する良い機会...

  •  0
  •  0

もう1か月

No image

約1か月後にサッカーロシアワールドカップが始まります。ハリルホジッチ監督が電撃解任されて西野新監督のもとスタッフを含めてオールジャパンで臨むこととなりました。週明け14日にメンバーの仮登録があり、月末には23名の正式メンバーが決まる予定です。サッカーほど監督が変わると選ばれる選手も変わるスポーツはないように感じます。当落上にいる選手が大勢いるためどのような布陣になるのか発表があるまで分かりません。世界...

  •  0
  •  0

『比』の活用

No image

理科の計算問題で『比』の等式を利用すると簡単に解けるものがよくあります。問題集の解答には、比の等式ではなく分数の掛け算として求めてありますが分数を使うと、分母⇔分子の順序を迷う(間違える)人が多いです。それに比べて“比”の場合は右と左の量をそれぞれ対応させれば良いため、その順序で間違うことはありません。(例)AとBが比例関係にありAが1.5のときにBが3.2であることがわかっていて、Bが1.2のときのAの値を求める...

  •  0
  •  0

水銀柱

No image

化学の圧力に関連した問題で水銀柱が出てくると苦手に感じる生徒が多いようです。具体的な公式がないので式の立て方がイメージできないのかもしれません。「水銀柱 76cm が 大気圧(1.0×10^5 Pa)相当」と書かれていたら、この内容をどう使うかというと76cm分の水銀の重力が大気圧とつり合っている(等しい)ので例えば、浸透圧を求める問題であれば、水溶液の質量と76cm分の水銀の質量の比が浸透圧と1.0×10^5Paの比と等しいという...

  •  0
  •  0

暗算のススメ

No image

算数、数学の問題を解く過程で計算はつきものです。1行で終わる簡単な計算からノートの半分以上にわたる複雑なものまで様々です。単純⇔複雑 と 計算ミスの割合は必ずしも相関関係にありません。“簡単”と思った瞬間に隙ができ、思いもしないケアレスミスをしてしまうこともあります。ミスを減らす方法の1つとして、途中の式を省略せず丁寧に書くよう指導されます。できるだけ暗算を減らし、目で見える状態で計算したほうが正答率は...

  •  0
  •  0

中間テスト

No image

来週の火曜日から高校の中間テストが始まります。高1生にとっては初めての定期テストです。中学校のテストに比べて科目が多いので、この1週間の時間を計画的に使う必要があります。高校生のみなさん、今日からテストが終わるまで毎日勉強しにきてくださいね。...

  •  0
  •  0

授業再開

No image

GWも終わり、今日から通常授業の再開です。連休があると生活のリズムが変わるため今朝は体が重く感じる人もいるかもしれませんね。早く元に戻して勉強に集中していきましょう。...

  •  0
  •  0

反復しかない

No image

学生時代からずぅっと不思議に思っていたことがあります。私は小学生の算数をふくめ数学が好きで中学、高校と得意科目でした。それに比べて英語は苦手で、文法は理解できても単語や熟語が覚えられません。暗記全般が苦手ということでもないのですが英単語はなかなか頭に入ってこないのです。数学は他の科目より暗記する量が少ないです。といっても、なかには複雑な公式もあります。数学の公式は1度覚えれば忘れにくいのに、英単語...

  •  0
  •  0

こどもの日

No image

今日は国民の祝日である『こどもの日』ですね。好天にも恵まれて各地で子どもたちのためのイベントが行われています。祝日法に記されている“こどもの日”の定義は「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」です。1つは子どもたちの健やかな成長を祝い、そしてもう1つは母親に感謝をすることが目的のようです。祝日法は戦後間もない1948年に公布・施行されたものとはいえ、父が入っていないのは残念です...

  •  0
  •  0

連休

No image

学生をはじめ昨日から4連休という人が多いと思います。娘が帰省してきたので朝から内宮に行ってきました。正月、GW、お盆は大勢の参拝客であふれると分かっていますが、想像以上の人の多さにあらためて驚きました。午前8時過ぎの時点で河川敷の駐車場がほぼ満車状態です。神宮から一番離れたところに車をとめることになりました。他府県から来ている人が多いため、おかげ横丁やおはらい町が大混雑です。それに比べて神宮のなかはお...

  •  0
  •  0

思考力

No image

2020年(以降)の高大接続改革に関して『思考力』がキーワードの1つです。現行のセンター試験(マーク方式)対策は知識を詰め込む暗記中心の試験勉強になってしまうため記述式の問題を加えることで、社会に出てから必要な「考える力」を学生時代にもっと伸ばそうという発想でしょう。現高1年生(以下)としては、どうすれば思考力を高められるかが気になるところです。これまでの勉強方法を大きく変えなければいけないのでしょうか...

  •  0
  •  0

文明の利器 ??

No image

インターネットやスマホの普及によって日常生活が便利になった反面子どもたち(大人でも)が使い方を誤ると負の影響も多々あります。SNSを通して詐欺にあったり犯罪の被害者になったりそこまでいかなくても、ゲームや動画やラインのやりとりなどで時間を浪費してしまうとそのしわ寄せが勉強時間、睡眠時間の減少に直結します。私の高校時代と比べてもしかたありませんが、当時は携帯・スマホやインターネットはもちろんゲーム機も...

  •  0
  •  0