トップページ - 今日もHAPPY!

今日もHAPPY!

子どもたちの笑顔を増やすために奮闘中の日々を綴ります

archive: 2018年01月  1/2

数学の勉強法(安田亨 著書より)

No image

仕事上+興味から、ふだん数学に関する書籍をよく読みます。今読んでいるのは「数学Ⅲの微分積分の検定外教科書(安田亨 著)」。本の冒頭で安田氏ご自身が高校2年生の4月に数学を猛勉強し始めるきっかけの話がありそのなかで同級生に教えてもらったという勉強の仕方を紹介すると- 『心に決着がつくまで読んで考えろ。理解したら猛烈なスピードで書けるようにしろ』ちなみに、“読む”のは「大学への数学」だったのでハイレベルの問...

  •  0
  •  0

リスタート

No image

昨日が三重高で今日は皇學館高校の入試と、2日続けて受験した生徒も多いです。終わってホッとすると疲れがドッと出てくるかもしれません。気が抜けて体調を崩さないよう十分注意してくださいね。お疲れさまでした。とはいえ、県立高校が第一志望の生徒は一息つく時間の余裕はありません。明日から次に向かってリスタートしてください。最後のひと頑張り。 一気にゴールまで駆け抜けましょう。...

  •  0
  •  0

実力テストの意義

No image

今日から水曜日まで伊勢高1,2年生の実力テストが行われます。2年生の理系数学は数Ⅲの一部+数ⅠAⅡBの全範囲と、とても広範囲です。久しぶりに「確率」「数列」「三角関数」「ベクトル」等の応用問題をやってみると忘れていることが多く苦労します。逆に考えると、テストのおかげで真剣に見直しをする機会ができて良かったですよね。...

  •  0
  •  0

合格講習の最終日

No image

朝から、後期選抜入試対策として実施してきた『合格講習』の最終回を行いました。これまで県立高校入試を意識した内容で進めてきましたが私立高校の入試直前のため今日は高田高校の昨年度入試過去問を使っての演習、解説としました。明日は三重高校の入試があります。生まれて初めての受験本番ですから多くの受験生が不安でたまらないでしょう。でも、何の心配も必要いりません。今までたくさん勉強を積み重ねてきました。結果を気...

  •  0
  •  0

模試の結果

No image

年明けに中3生が受験したぜんけん模試の結果をみると、全員の偏差値が夏のときよりアップしました。みんな一生懸命に勉強してくれていたので当然の結果ともいえますが偏差値は相対値ですから平均的な頑張り以上に頑張らないと点数が上がりません。つまり、塾生全員が平均以上に頑張ってきた証拠です。 素晴らしい!ただ、ここで順調な結果を見てしまうと無意識に気が緩まないようにしなければいけませんよ。模試の結果が良くなか...

  •  0
  •  0

復帰

No image

中学校卒業時に卒塾した高1生のHちゃんが来月から通塾してくれることになりました。数学で苦労しているとのこと。全力でフォローします、とことん質問してください。どんなに高い山でも一歩ずつ登っていけば必ず山頂にたどりつきます。焦らず、一つずつ丁寧に理解しながら前進していきましょう。...

  •  0
  •  0

工夫+努力

No image

先日行われたセンター試験の日本史Bで100点満点をとった受験生の勉強法がニュースに取り上げられていました。問題集にたくさんの書き込みをし、他の資料の切り抜きが多数貼り付けられて、原形をとどめていない写真が印象的でした。1冊の本を利用して徹底的に使い込み、さらに作りこんでオリジナルの参考書を完成させた工夫と努力の成果といえます。本人のコメントも流石でした。同じ様な勉強法をしている受験生はいますが、形にと...

  •  0
  •  0

オーガニック ケミストリー

No image

有機化学は暗記事項がたくさんあるうえに計算、思考も問われる総合問題です。10以上の異性体ができるCHOの分子式から様々な性質によって物質を特定し、その構造式を書く問題など1つの問題を解くのにとても苦労します。アルカン、アルケン、アルキン、アルコール、アルデヒド、脂肪酸、エステル、ケトン、…たくさんあるグループ1つ1つの性質や反応を一通り学習した後、グループ間の相互関係が見えてくるとバラバラだった知識がど...

  •  0
  •  0

ウエルカム

No image

私立高校入試が直前にせまり、過去問を解いている中3生から質問が増えてきます。そのほとんどが数学と理科に集中します。解答の解説を読んでも理解できなかったり、そもそも解説が省略されていたりどんな細かい内容でもかまいません。納得がいくまでトコトン質問してください。どんな疑問に対しても必ず最後まで説明しますからね。...

  •  0
  •  0

雪景色

No image

伊勢は温暖な地なので真冬であってもめったに雪は積もりません。午前中の雨が2時ごろから雪に変わり、みるみるうちに屋根の上や歩道が真っ白になりました。これから帰宅する生徒のみなさん、特に自転車通学の人は事故や転倒に十分注意してくださいね。...

  •  0
  •  0

1週間を全力で!

No image

今日は朝から県立高校後期選抜対策としての「合格講習」を実施。まずは皇學館高校の昨年度過去問を使って計算演習。リスニングテストは平成28年度前期選抜の過去問。国文法は皇學館高校と三重高校の過去3年分を抜粋。理科は「光、音、力」の演習、解説。条件英作文が平成28年度後期選抜試験過去問。そして、数学の証明問題として昨年度後期選抜試験過去問。私立高校の入試本番まで1週間。 中3生は真剣そのもの。県立高校が第一志...

  •  0
  •  0

数学必勝プログラム

No image

一口に数学が苦手といっても、生徒それぞれにその内容は違いますから何をすべきかは変わってきます。かといって完全に一人ひとり専用のカリキュラムをたてるのは非効率なので部分的にフレキシビリティを持たせた統一プログラムが望ましいと考えています。今年の3月末でエムジェックが25周年の節目を迎えるにあたりこれまでの経験を詰め込んだ「数学必勝プログラム」を作ります。期待していてください!...

  •  0
  •  0

電磁気

No image

伊勢高2年生(理系)の物理が波動から電気の範囲に移りました。電磁気のように目に見えないモノを扱うときは「想像力」の有無が得意⇔不得意に大きく影響してくるので要注意です。単に公式を丸暗記するだけでなく数量や現象の定義、単位を理解(納得)したうえで問題演習に入ってください。クーロンの法則、電界、電位の理解があやふやではコンデンサー以降の計算問題で混乱します。何事もそうですけど基礎が固まっていないと応用問...

  •  0
  •  0

割合

No image

小学5年生の算数が百分率や歩合といった割合の範囲を学習中です。小学生の間に最もおさえておきたい内容の1つです。「割合を求めなさい」と言われて割り算をする際、割り算 = 大きい数 ÷ 小さい数 という感覚が強い小学生が多いです。数の大小にとらわれず、「比べられる数」「もとになる数」が何なのかを文章から読み取れるようにならなければいけません。答えが合っているかどうかだけを見ていると危険なので本当に理解できてい...

  •  0
  •  0

教材展

No image

毎年恒例の教材展示会に行ってきました。今年の目玉は小学校英語に対応した教材とのこと。2020年~の高大接続改革でも英語の4技能試験にどう対応するかが注目されていてどの学年に関しても「英語」に関心が集まっています。今後ますますグローバル化が進みますから、英語を母国語と同じように使えないと支障をきたすでしょう。入試対策としてのスキルでなく日本人が英語を使えるようになるために真の方法論を議論し、官民協力して...

  •  0
  •  0

微分(数Ⅲ)

No image

昨日はインフルエンザで1名、発熱で2名の欠席がありました。全国的に患者数が急増との報道がありますが伊勢市内も例外ではありません。特に受験生のみなさん、さらなる予防を心がけましょう。伊勢高(国際)2年生の理系数学が微分の計算に入っています。積や商の微分に合成関数の微分が組み合わさるため、とても煩雑な式変形になってしまいます。さらに、三角関数の組み合わせによっては微分した後のまとめる作業が追い打ちをかけ...

  •  0
  •  0

自己採点日

No image

今日は「ドキドキする」年間トップ3に入る日です。センター試験の自己採点が出たら結果の良し悪しにかかわらず、ここで立ち止まる時間の余裕はありません。すぐ、今わかる範囲で次に向かって動き出しましょう。細かい検討はセンターリサーチが使えるようになってからです。...

  •  0
  •  0

第7回 合格講習

No image

今日は朝から「県立高校合格講習」でした。数学の計算練習はいつもと少し趣を変えて「伊勢学園高校」の昨年度過去問を使用。難しい問題が無いかわりに様々な計算パターンを試せる良問が揃っています。少数どうしの積や差など、ふだんあまり使わない計算の確認にもなったはずです。国文法は「まぎらわしい語の識別」第2回目として、定番の「れる(られる)」「だ」「らしい」を解説。理科は先週に続き「天体」の問題を後期選抜過去...

  •  0
  •  0

ハーフタイム

No image

センター試験1日目を終えた高3生たちが明日に向けて勉強しに来てくれました。心身とも疲れているはず。最後の力を振り絞って、もう1日、負けるな!...

  •  0
  •  0

本番は練習のように

No image

明日からセンター試験の高3生を送り出しました。平静を装いながらも緊張していることが伝わってきます。緊張すること自体は、むしろ力を発揮しやすくなるので問題ありませんからね。理系の人は苦手な科目からスタートするためナーバスになっているかもしれません。初日を無難に乗り切って理系科目の2日目につなげてもらいたいです。マーク試験の場合、本人の感触と実際の結果は必ずしも一致しません。各科目が終わるたびに気持ちを...

  •  0
  •  0

それぞれの学年で

No image

センター試験、私立高校入試、私立大学一般入試、今月は入試本番が次々と実施されます。また、1~2年生も実力テストが行われるのでこれまでの総復習をしなければいけません。問題が難しいからではなく、長い時間が経過したために忘れてしまった内容がたくさんあります。習ったときはスラスラ解けていた問題でも久しぶりに演習してみると解けないことはよくあります。1学期の始めに戻って、もう一度やり直しましょう。毎年、受験直前...

  •  0
  •  0

問題を解く前に

No image

勉強=問題演習 と思っていませんか。問題を解きまくっていると、たくさん勉強した気分になりやすいです。たくさん演習することが悪いと言っているのではありません。ただ、問題演習は覚えるべきことがきちんと覚えられたか、新しく習った事柄を理解し身についたかの確認であってインプットした内容をアウトプットできるかどうか試す作業です。ですから、問題を解く前に暗記や教科書、ノートの見直しに時間をかけなければいけませ...

  •  0
  •  0

毎年恒例

No image

午前中、頭之宮四方神社へ合格祈願に行ってきました。高速道が延長して42号線を使わずに大内山まで行けるようになってから本当に近くなりました。合格のお守りを買って絵馬を奉納し、受験生のみんなが実力を発揮できるようにと参拝しました。頭之宮は山の中にあるためとても寒い日が多いのですが今日は気温が高めでいつもと違った印象でした。お孫さんの合格祈願なのでしょう、高齢の夫婦が5組ほど来ていました。入試を受けること...

  •  0
  •  0

明日から学校

No image

明日から学校が始まります。冬休みの最終日、子どもたちは憂鬱かもしれませんね。(学校が待ち遠しい人もいるでしょうけど)テスト勉強をするため2時だいから生徒が集まってきました。もちろん日々の予習復習の積み重ねが何より大切です。しかし、テスト前は自然に集中できて勉強時間も増えるので、テストを上手に利用しながら学力向上につなげていきましょう。...

  •  0
  •  0

合格講習再開

No image

今日は朝から県立高校合格講習でした。計算問題やリスニングテストは前期選抜試験の過去問をやりました。後期選抜試験に比べて少しひねった問題が多く良い練習になります。国文法はこれまでにやった単語別の解説から「まぎらわしい語の識別」に移りました。その後、理科は天体、数学は相似の証明、相似の利用問題に取り組みました。全10回の合格講習も来週以降、残り3回です。全体的に「英作文」が苦手の傾向があるので正しい英文...

  •  0
  •  0

始動

No image

午前中で冬期講習が終了し、午後から2018年の通常授業がスタートしました。学校が始まるとすぐにテストの学校が多く、いきなりテスト勉強の生徒が多かったです。センター試験も残すところ1週間。最後まで目の前の勉強に集中してください。ただし、もう無理をしてはいけませんよ。くれぐれも体調をくずさないよう規則正しい生活をおくり、ベストコンディションで当日をむかえましょう。...

  •  0
  •  0

三重ぜんけん模試

No image

朝から中3生対象のぜんけん模試を実施しました。県立高校入試では1点/250点 の差が合否を分けます。45分という制限時間のなかで1点でも高得点をとるために何に気をつけなければいけないか。各自それぞれのテーマの確認です。例年、この時期のぜんけん模試の結果と入試本番の点数は高い確率でリンクします。結果が出たら弱点補強を含めた最後の修正に活用していきます。...

  •  0
  •  0

裏公式

No image

数学の裏ワザと称して色々な量を簡単に求められる公式(?)があります。二次関数の変化の割合であったり、円錐の側面積であったり、円錐台の体積であったりどれも特別な技ではなく計算の途中を省いて簡略化された結果の式だけを使うものです。どのようにしてその式が導かれたのか、その過程を理解せずに結果を覚えて答えが出せても数学的には無意味。という批判もあります。普段の学習においてはその通りで、簡略化した式を使う前...

  •  0
  •  0

単語力が受験を救う

No image

理系の国公立大学を志望、受験する生徒にとって英語がネックになる割合が高いです。文法、長文、… 苦手な分野に多少の差はあっても根本原因は単語力の不足です。高校入学時から単語の暗記を日課にして2年生の終わりまでに単語帳を完璧にマスターしてほしいです。1日に覚える数をあまり多く設定せず、その代わり忘れることを考慮して復習に重点をおきながら継続してください。単語力がきちんと身についていれば、文法問題も長文の...

  •  0
  •  0

不安な科目と結果

No image

「今回はどの科目が一番心配?」テスト前に質問すると「数学」「英語」「社会」などの答えが返ってきます。多くの生徒が不安な科目を一生懸命勉強してくれるので心配していた科目の結果が良いことがよくあります。その代わり(?)に得意科目が下がってしまうことも少なくありません。これは入試にも当てはまります。センター試験の結果がそれまでの模試の結果とまったく違ったものになることがあります。模試で伸びなかった科目を...

  •  0
  •  0