archive: 2017年12月  1/2

感謝

No image

午前中に保護者懇談を行って2017年の仕事納めです。1年間 何とか無事にやってこれたのも 生徒や保護者様をはじめ 支えていただいた方々のおかげです。受験生全員の入試が終了するまでは本当の区切りになりませんが新年を迎える前に 一言お礼の言葉を申し上げます。本当にありがとうございました。2018年も微力ではありますが生徒1人ひとりに全力で学業のフォローをしていきます。みな様 どうぞ良いお年をお迎えください。...

  •  0
  •  0

久しぶり!

No image

冬休みで帰省中の卒業生 R君が手土産を持って教室に寄ってくれました。もう大学3年生ですか… 受験で毎日勉強していたのがついこの前のように感じます。来年の春に城田中学校で教育実習をするとのこと。大勢の中学生の前に立って1人で授業をするのは勇気がいります。しっかり準備をして大きな声を出して頑張ってほしいです。そういえば、同期の Y君も来春 宮川中学校で教育実習をするはず。R君は数学、Y君は国語の先生を目指してい...

  •  0
  •  0

まだ速い

No image

「丸つけをした後が勉強の始まり」 何度も繰り返し 生徒に伝えています。でも、みんなの様子を見ていると まだまだ浸透できていません。たくさん問題を解いているほうが勉強をしている実感がわきやすいので丸つけが終わると早く次のページに移りたくなるのでしょう。正解できなかった問題をもっともっと大切に扱わなければいけません。解答の解説を読んで理解するのは当然として、そこで終わってしまってはその問題が解けるように...

  •  0
  •  0

リスニング検査(高校入試)

No image

三重県立高校 後期選抜試験の英語の大問1はリスニング検査です。配点が50点満点中18点(36%)と 大きいので毎年練習に時間をかけます。冬期講習では過去問を使って演習をしています。今日まで4回やった結果、全員の平均点が 12.9点 → 14.4点 → 15.9点 → 16.3点  順調に伸びてきました。問題パターンに慣れてきたと考えられますが、気を緩めず、本番で満点がとれるよう練習を重ねていきます。...

  •  0
  •  0

体調管理

No image

全国的に流行期をむかえているインフルエンザ。三重県にも注意報が出ているので注意してください。人ごみのなかに出かけないようにし、帰宅時の手洗いやうがいも大切ですが、免疫力を下げないことがより重要です。免疫力が低下する要因には寝不足、栄養の偏り、疲労、ストレス、などがあり、心身ともに健全な状態をキープする必要があります。最後の追い込みに入っている受験生は「規則正しい生活」をおくるということを意識してく...

  •  0
  •  0

図形の証明問題

No image

「分かりません」とすぐに質問するのではなく、解答の解説を熟読して理解しようと努力をする。そのなかで分からないところは的を絞って質問するのが理想です。そんな自学を進めるうえで、解答を見ても正解か不正解か判断しづらい範囲の一つに証明問題があります。合同や相似の証明で自分の書いた内容が正しいのか、中学生に判断させるのは難しいですから第三者に見てもらうべきです。とは言っても家庭学習のときなど質問できる人が...

  •  0
  •  0

数学の基礎固め

No image

高校数学が得意になる(苦手にならない)ためには何をすべきか。その1つに、中1の「方程式」の範囲を徹底的にやりこむことがあげられます。色々な形の方程式を速く正確に解けるように練習を繰り返すことで分数や少数の扱い、( )の外し方を含めた計算力が身に付きます。そして、様々な方程式の利用問題をこなせば「文章⇒等式」に変換する力が養われます。この2つの力を伸ばしておけば、高校で新しい内容を習うときに順応できる基礎...

  •  0
  •  0

英作指導

No image

エムジェックは自立型(個別演習形式)の塾です。各自で問題演習を行い解答の解説を読んで理解しながら進めていきます。分からないことがあれば自由に質問をしてもらい個別に応対します。解答を見ても自分では合っているかどうか判断しづらい問題の1つが英作文。模範解答例と完全に一致することは少なく、○にして良いかどうか迷うでしょうから英作問題は添削しています。英作問題の答案を見ると、その生徒の英語力がとてもよく分か...

  •  0
  •  0

ひとガンバリ

No image

今日から1月5日まで 冬期講習の期間です。中3生は 午前中3時間半 + 夜3時間 頑張ってもらいます。毎回の計算テスト、英文テスト、漢字テスト、リスニングテスト、に加えて英作文の宿題を課します。冬休みは短期間ですが入試本番に向けて全範囲を仕上げていきましょう。...

  •  0
  •  0

最終日

No image

2017年の通常授業が今日で終了して明日から1月5日までは冬期講習のみとなります。塾の場合、新年度は4月始まりのため大晦日や元日は特に区切りの意味を持ちませんがそれでも新しい年のスタートとして目標を立てたり、指導方法の改善案を考えたり、色々と画策します。来春でエムジェックを始めてから25年が経過します。気持ち的には初心を思い出しつつ、さらに進化すべく改革を行っていきます。まずはその前に受験生の合格に向けて...

  •  0
  •  0

間違えることは善いこと

No image

問題演習をしていると間違えてしまったり分からない問題が出てきたりします。当然のことです。そんなときに辛くなったり、怒ったり、泣いてしまったり、とてもネガティブな反応をする子がいます。「○」が続けば気持ち良いですし「×」が続くとイライラするのもわかりますが覚えられていない内容を暗記し、解けない問題を解けるようになることが勉強ですから何らかの理由で「×」になってからが勉強のスタートです。そのときに気持ち...

  •  0
  •  0

選び方より使い方

No image

定期テスト対策や受験対策のために書店へ問題集を買いに行くと、たくさんあり過ぎて選ぶのが大変です。数ある問題集のなかから1冊に絞る際のポイントはレベルと量と解答の解説です。苦手な科目であれば基本問題中心、得意科目であれば応用問題中心、というように目的に合わせます。また、純粋な問題集と問題集+参考書とでは全体のページ数がかなり違いますし問題の量も多い目、少な目、どちらのタイプにするかを決めます。それか...

  •  0
  •  0

円周角

No image

中3生が習っている「円周角」の角度を求める基本問題が一通り終わると、様々な応用問題が出題されます。自分で補助線を書き加えないと解けない問題には複雑なパズルのような難しさがあります。とはいっても、そんなに手の込んだ問題はめったにありません。1つの円の中に4~5本もの補助線を引いて(結果的に)関係のない角度を求めまくって頑張っている生徒がいます。ああでもない、こうでもない、と頭をひねることはとても良いこと...

  •  0
  •  0

不等式の証明

No image

伊勢高1年生の数学は数Ⅱの第一章を終えようとしています。不等式の証明問題は複数のアプローチがあるため、それぞれの方法を使えるようになることに加えて与式の特徴からどの証明方法で進めていくかを決められるようにならなければいけません。また、(1)で証明した結果を(2)で利用する問題も頻出です。一見、違う形をしていても少しの変形で利用できるようになる問題が多いのでたくさん演習して色々なパターンに慣れてください。...

  •  1
  •  0

近鉄特急のグループ席

No image

電車で名古屋や大阪、京都へ行くときに近鉄特急を利用している人は多いと思いますが2階建てビスターカーの下の階を使った経験がある人は意外と少ないのではないでしょうか。1車両の前方と後方に2かたまり、グループ席があって、定員5名に対して3名から利用できるって知ってましたか。うちの場合、娘夫婦が京都に住んでいる関係で 松阪⇔京都 の特急をよく利用しています。最近はもっぱらチケットレスの特急券をネットで予約します。...

  •  0
  •  0

横より縦

No image

『名言・格言』といえば、国内外を問わず歴史に名を残した偉人によるものや様々なジャンルで活躍した(現役の)トップを走る有名人によるものが多いなか著名人ではない人が発したものもあります。今日読んだ記事の一部を紹介します。わが国は子育てのしにくい環境にある。真面目な母ほど、子育てをしているうちに追い詰められてしまう。そうして子育てに苦しんでいる母には、以下のことを強くお勧めしたい。「横で比べず、縦で比べ...

  •  0
  •  0

二刀流

No image

数学の大学入試問題には教科書レベルの基本問題~どこから手を付けたら良いのか分かりづらい応用問題まで難易度は幅広いです。センター試験問題は前者なのですが60分という時間制限を加味すると決して簡単とは言えません。難関大学の入試問題は難度が上がるかわりに時間に余裕があり、受験生のタイプによってはむしろ点を取りやすい場合もあります。そう考えると、どちらの試験にも対応できるようになるには基本問題を手際よくハイ...

  •  0
  •  0

久しぶりです

No image

高校に合格した時点で塾をやめた生徒が高校生のあるタイミングで再び復帰するケースは毎年あります。高1生のR君から、もう一度塾に通いたいとの連絡をもらいました。中学生のときからサッカーに力を入れていて高校でも厳しい練習の毎日。スポーツと勉強を両立させるための選択のはず。また、一緒に頑張っていきましょう。全力でフォローします。...

  •  0
  •  0

カウントダウン

No image

センター試験まで1ヶ月をきりました。これまで大勢の大学受験生をみてきましたが、この時期に志望校に対して余裕がある生徒は皆無です。今のままでは難しいというプレッシャーを感じつつ『やるしかない』状況で毎日勉強に取り組まなければなりません。また、とても寒い日が続くため体調管理も必要ですし、体力的にもキツクなってきます。高3生のみなさん、勉強で分からないところはもちろん、どんな些細なことでもすぐに相談してく...

  •  0
  •  0

「北」ですか

No image

毎年、京都の清水寺で発表される今年の漢字が『北』に決まりましたね。確かに北朝鮮のミサイル発射、核実験に世界中が振り回された1年といえるでしょう。北朝鮮以外にも北が選ばれた理由はあるようですが、私が予想していた「核」は4位でした。...

  •  0
  •  0

両立

体験授業に参加してくれた玉城中1年生のR君お疲れ様でした。1週間のほぼ毎晩サッカーの練習があるそうです。近年、学校の部活ではなく地元のスポーツクラブに所属している中学生も多いですね。時間と体力を費やすため勉強時間の確保が難しいと想像できます。勉強とスポーツの両立は口で言うほど簡単ではありません。エムジェックは曜日、時間帯、自由に設定可能ですからぜひご検討ください。Aちゃん お土産ありがとうございます!...

  •  0
  •  0

合格講習

No image

今日は朝から「県立高校合格講習」の第6回を行いました。いつものように数学の計算演習(前期過去問)と英語のリスニング問題をしてから理科の天気、数学の作図、国文法の付属語を解説し最後に私立高校の過去問を使って回転体の体積の問題演習でしめくくりました。いよいよ高校入試が来月から始まるため受験生の表情は真剣さを増しています。冬休みが終わるころには学力はもちろん精神的にもパワーアップし、みんなたくましくなり...

  •  0
  •  0

確認作業

No image

数学で『○○を求めよ』という問題の多くは答えが正しい(正しそう)かどうかを自分で確認できます。方程式であれば解の値をもとの式に代入して左辺と右辺が等しくなるかを確かめれば良いですし関数であれば通る点のx、y座標を代入するなど、間違えを自分で見つけることができます。図形の角度を求める問題で、どう見ても鋭角なのに鈍角が求まってしまっていたら何か間違えています。これらの確認作業はテスト本番の見直し時だけでな...

  •  0
  •  0

宿題の有効利用

No image

期末テストが終わり、高校生はすでに冬休みの宿題をもらっているようです。単に提出目的で終わらせず、忘れている内容を思い出したり解法を定着させたり、有効活用しましょう。進学校は授業スピードが速いため、普段は日々の予習復習や課題に追われています。今から3学期が始まるまでの間の時間を使って自分のペースで丁寧に復習をしてください。...

  •  0
  •  0

読む速さ

No image

もったいない間違い以外でテストで点を落とす、もう一つの要因に「時間切れ」があります。分からいわけではないけれど時間が足りなかった、ってヤツです。これに対処するには問題を解くスピードを上げる練習が必要です。しかし、速く解こうとして計算ミスなどが増え正解率が落ちたら意味がありません。問題を解く作業のスピードアップを試みる前に、問題文を読む速く読み取る練習をしましょう。日頃、本や新聞など無意識に文章を黙...

  •  0
  •  0

最後の一歩

No image

テストの答案が返却されて不正解になった問題の間違え方を確認します。本当に分からなかった問題はしかたありません。1問ずつ見直しをして、理解したり暗記したり、丁寧に対応すれば良いでしょう。それ以外で×になってしまった問題をどうするか。またもったいない間違えをしてしまったなぁ と放っておいてはいけませんよ。次回のテストに向けて何をしなければいけないか、具体的に検討し実行する必要があります。原因として、問...

  •  0
  •  0

図形の証明

No image

中学2年生の数学が合同の証明の範囲に入っています。これまでの算数、数学にはなかった『証明』問題。好き嫌い、得意不得意に大きく分かれやすい分野といえます。合同条件を覚えたあと、問題から与えられる条件(仮定)に加えて定理や図から導かれる、辺または角に関する等式の立て方を学習しなければなりません。ここで大きなポイントがありますから生徒のみなさんには授業でお話しします。また、合同を証明するための条件が論理...

  •  0
  •  0

根拠

No image

高校生は、分からない問題は「分からない」として質問するなり解答を読んで理解すなりしてくれます。小、中学生の多くは分からなくても答えられる問題は答えを書いてしまいます。ときどき生徒に「どうしてその答えになると考えたの?」と質問してみると「… 」 答えられないことがあります。これは良くありません。自分はこう考えて答えを出したと、答えに至るまでの過程を説明できなくては困ります。その考え方が間違えっている...

  •  0
  •  0

マーク試験

No image

高校生は模試を何回も受けるためマークシート方式の試験に慣れています中学生はマークシート試験の受験経験がない生徒が大半です。私立高校の入試はほとんどがマーク方式なので経験不足からくるマークミスが心配です。過去に、私立高校入試でマークミスのために1科目だけ極端に点数が低かった塾生がいました。分からなくて1問飛ばしたとき誤ってマークをつめてしまい、そこから後がすべてずれてしまったそうです。冬休み中に私立高...

  •  0
  •  0

センタープレ

No image

今日は伊勢高3年生がセンタープレ模試を受験しています。理系の生徒にとって数ⅠAは得点源の科目であり、90点以上をとりたいところです。1つ1つの問題は教科書レベルに近いごく基本的な内容ですから解答を見れば容易に理解できます。しかし、ちょっとしたミスやつまづきがあるとすぐに6~7割まで下がるのも事実です。それくらいセンター試験は時間に余裕がないのです。練習のときから60分の時間制限をかけて、どれくらいのペースで...

  •  0
  •  0