トップページ - 今日もHAPPY!

今日もHAPPY!

子どもたちの笑顔を増やすために奮闘中の日々を綴ります

archive: 2017年10月  1/2

マーク式と記述式

No image

高校生が受験する模試にはマーク形式と記述式があります。数学に関して、マーク式のほうが簡単なイメージがありますが必ずしもそうとは言えません。確かに問題を解いてみると記述式のほうがマーク式に比べて応用レベルの問題が多いです。それでもマーク式が簡単と言えない理由はまず、問題量が多いために時間との勝負になります。すべての問題をスラスラ解ければ、ちょうど制限時間内におさまりますが途中でつまったり、計算ミス等...

  •  0
  •  0

一緒に頑張りましょう!

No image

体験授業に参加してくれたT君早速、入塾のご連絡をありがとうございます。これからどのようにして成績を上げていくか一緒に頑張っていきましょう。...

  •  0
  •  0

精神戦

No image

受験本番までの残り時間がだんだん短くなってくるなか思うようにテストや模試の結果が上向いてくれないとこのままやっていって大丈夫なのか、不安が大きくなっていきます。頑張った勉強量に比例して点数が良くなると嬉しいのですがまず、そうなってくれません。テストによって良い科目と悪い科目がバラつき、安定してくれません。それでも、全力を尽くして勉強を続ける以外に合格に近づく方法はないです。プレッシャーがかかるなか...

  •  0
  •  0

連休 

No image

エムジェックは明日から11月3日までお休みです。この後は、お正月まで休みなしで突っ走ります。受験勉強もいよいよ追い込みの時期になりました。もう一度、受験生一人一人になにができるか対策していきます。...

  •  0
  •  0

受 と 授

No image

小学生の漢字の書き取り問題です。ジュ(  )賞式  の答えとして「受」か「授」で迷ってしまいました。訓読みから分かるように受(う)ける  と 授(さず)ける は反対の意味になります。しかし、そもそも『ジュ賞式』が賞をもらう式なのか賞を与える式なのか …正解は 授賞式 で、賞を授与するための式典でした。ちなみに賞をもらう人は 受賞者 になるわけですね。 ...

  •  0
  •  0

トレンド(?)

No image

山高のMちゃん ありがとー!もしかして、沖縄のお土産で「雪塩」がトレンドなのかな。...

  •  0
  •  0

1回おき

No image

テストの結果が1回おきに上下してしまうのは当然なのかもしれません。『やったー、よかったー!』 となると、どうしても無意識に気が緩みます。『今回はヤバイ!』 頑張って次回のテストで挽回しようという気が起こります。これって受験も同じですよね。「この調子で頑張れ」 と言われた人より「今のままでは無理(あぶない)」 と言われた人の方が、より力が入りやすいです。つまり、順調な人は意識して自分を追い込まないと...

  •  0
  •  0

「速さ」はめちゃめちゃ大切

No image

小学6年生が算数で『速さ』の単元を学習しています。中学校の数学が苦手にならないためには速さの範囲の問題を徹底的に演習して理解を深めておいてほしいです。速さ、道のり、時間、それぞれの求め方を覚えることはもちろん単位量当たりの考え方や単位の合わせ方を習得しなければなりません。ただ公式に数字を当てはめて答えが求められたというレベルで終わってしまうと、中学1年生の数学できっとつまずきます。秒速を時速になお...

  •  0
  •  0

保護者懇談

No image

お昼前に中3生のお母さんと懇談会を行いました。いつもお子さんの状況を正確に把握されていて受験対策にとても熱心に協力してみえます。1時間半以上お話を聞いたり、したりしたなかで私からお願いしたのはお子さんを信じて、見守ってあげてほしい ということです。毎年、受験を通して子どもたちが大きく成長する姿を見ています。特に、これからの数か月の間に本当にたくましくなっていきます。子どもを『見守る』というと耳ざわり...

  •  0
  •  0

波は要注意

No image

今朝、教室へ行く途中脱輪などで放置された車を何台か見かけました。台風による大雨で冠水し、道幅がわからなくなっていたのでしょう。生徒のみなさんの自宅で被害はなかったでしょうか。伊勢高2年生の数学(数Ⅲ)は複素数平面から曲線の範囲に移りました。そして、物理は力学分野が一通り終わって波動に入っています。力学系の問題は運動にしてもつり合いにしても速度、加速度、力の矢印を書いて図を見ながら式をたてることができ...

  •  0
  •  0

休講

No image

朝から激しい雨の中を 講習のために送迎いただいた保護者の皆様ありがとうございます。暴風警報も出たため「安全第一」で午後の授業は休講とさせてもらいます。塾で勉強する予定にしていた生徒のみなさんには申し訳ありませんが自宅学習で頑張ってください。...

  •  0
  •  0

野分

No image

それにしても雨の日が続きますね。今日も1日中しっかり降ってます。そして、非常に強い勢力の台風が日本列島に向かって北上してます。衆議院議員選挙や各地の週末行事に大きく影響しそうです。エムジェックでも明日の授業に影響が出るかもしれません。午前中の講習は風が特別強くなければ行う予定ですが警報をはじめ気象情報を参考にしながら中止する場合は1時間前をめどに連絡を入れますね。...

  •  0
  •  0

見える化

No image

高1生が学習している数Ⅰの『場合の数,確率』は他の範囲に比べて問題(解法)の種類が非常に多いためどの式を使えば良いのか迷ってしまいます。中学生のときに習った『確率』の問題では公式(計算)はいっさいなく、樹形図を書いてから数え上げて答えを出しました。実は、高校の問題でも樹形図などで書き並べてみることが大切です。いきなり式をたてようとすると、公式や考え方が多くて分かりづらいためまずは5~10程度、具体的に...

  •  0
  •  0

お任せください

No image

保護者懇談をしていると多くのお母さんから「家でまったく勉強をしない」との相談を受けます。中1~2年生ならともかく中3の高校受験生でも少なくありません。その子たちが塾に来ているときの様子はどうかというとみんなマジメに勉強しています。自宅にはネット環境、ゲーム機、テレビ、コミックなどやりたいことがたくさんあって、我慢して勉強するほどの気持ちがないのでしょう。勉強が大嫌いではないし、やらなきゃいけないと分...

  •  0
  •  0

国立高等専門学校過去問題集

No image

数学、理科の高校受験対策として『応用』レベルの問題集を探している人に国立高専過去問題集をお勧めします。高校受験用問題集の多くは1~3学年、単元ごとに整理されているためページの順に使っていくと同じ範囲の問題を連続して解くことになります。苦手な分野を集中的に学習したいときには良いのですが入試本番に近い内容、形式の問題を解きながらレベルアップしたい場合単元ごとではなくランダムかつ複合問題も含めた演習が望ま...

  •  0
  •  0

インプットが先

No image

2020年から変わる大学入試制度ではセンター試験に代表される知識詰め込み重視から思考力、判断力、表現力を、より評価していく方針が出されました。それにともない、生徒が受け身の授業からアクティブラーニングに移行するなど様々な指導方法の試行錯誤が進行中です。あるテーマに対して子どもたちがディベートしたり実験や調査した結果をみんなの前でプレゼンしたりスカイプを使って海外の生徒同士が母国語を使わずに意見交換した...

  •  0
  •  0

最後が大事

No image

生徒からの質問に対応していると声を出して問題文をゆっくり読んであげるだけで納得することがよくあります。問題の文章を正しく読めていなかったことに気づき、解決してしまうのです。問題文が長くなればなるほど、読み間違い、読み飛ばし、思い込みが起こります。日本語は英語の語順のように、言いたいことを始めのほうに持ってくるのではなく文の最後に結論が来ます。ですから、最後まで丁寧に読まないと問題文の読み間違えとい...

  •  0
  •  0

講習スタート

No image

今日からスタートした中3生対象の『県立高校合格講習』まず始めに、来年1月以降の入試日程、入試の概要、特徴を説明し受験するうえで学校のテストと入試の大きな相違点と一番大切なこと50点満点は単に100点満点の半分ではないことなど、時間をかけて伝えました。日曜日の午前中を利用した計10回の講習を通して県立高校後期選抜検査で1点を大事にして合格点をとれるようこれまでの経験の全てを投入した、演習、解説をしていきます。...

  •  0
  •  0

岐路

No image

高1生は文理選択高2生は科目選択の時期ですね。進路が明確になっている人は良しとして迷っている人にとっては大問題です。将来就きたい職業 ⇒ 大学の学部 ⇒ 理系か文系か それに加えて自分の科目の好き嫌いを加味して決定という理屈は分かっていても肝心の将来の夢がなかったり数学が好きでも嫌いでもなかったり何をもって決めたらよいかわからない人が少なくありません。一人で悩んでいても結論が出ないときはご両親だけでな...

  •  0
  •  0

算数の公式を理解することが大事

No image

中学、高校の数学でつまづく生徒の原因をさぐっていくと結局のところ小学校の算数に行きつくことが多いです。小学5年~6年生で学習した範囲の理解不足、演習量不足です。速さに代表される「単位量あたり」の求め方割合や比を使った種々の問題など数学の問題を解くとき、頻繁に使う内容です。小6算数の学校の授業が『速さ』の単元に入りました。単に公式に当てはめて答えを出す練習で終わらせず「速さ」とは単位時間あたりに進む距...

  •  0
  •  0

テスト返し

No image

テストが返ってくると一番気になるのは点数ですよね。でも、点数が良かったとか悪かったということだけで終わらず間違えたところの見直しが大切です。仮に同じ80点の結果であったとしても、20点分の間違え方は人によって違います。その間違え方によって、何をするべきかが変わってきます。答案の中身をよく見て、次のテストに向けて何をしなければいけないか1人ひとりにアドバイスをします。特に受験生のみんなには時間をとって詳...

  •  0
  •  0

変化

No image

日中は10月と思えない暑さが残っていますが秋本番の到来とともに中3生の目の色が変わってきました。定期テストの結果は今まで以上に重要ですし実力テストの偏差値も上げていきたいところです。志望校に合格したい気持ちが強いほどプレッシャーも大きいはずです。迷いや不安を少しでも取り除いて勉強に集中できるよう受験生の1人ひとりとコミュニケーションを増やしていきますね。...

  •  0
  •  0

公式ではなく等式

No image

理科のなかで物理分野が苦手な中学生が多いです。主な原因として、計算問題で苦戦してしまいます。色々な公式が覚えられないということではなく公式の利用法を間違えるのです。例えば、密度を求める公式を習ったとき質量と体積から密度を求める問題は大丈夫なんです。ところが、質量と密度から体積を求めたり体積と密度から質量を求めたり  となると掛け算なのか割り算なのか? その順番は? 混乱します。密度=質量÷体積  ...

  •  0
  •  0

14時から23時

No image

明日から伊勢高で中間テストが始まるので伊勢高の生徒は毎日テスト勉強に来てくれています。2年生の数学はベクトルが丸々範囲になっています。前半は平面ベクトルまでで、後半が空間ベクトル。ベクトル方程式を含めた図形への応用問題が難しいですね。平行、垂直、内分、外分、重心、内・外心、など 頭の中で考えず、条件を必ず図の中に書いて目で見えるようにしましょう。明日も午後2時~ 待ってます!...

  •  0
  •  0

自分を追い越す

No image

9,10,11月は学校の定期テスト、実力テストが続きます。中学校のテスト発表時に渡される範囲が書かれたプリントに『テストの目標』を記入する欄があります。生徒が書いた内容を見ていると「○○点以上をとる」 とか 「平均点以上をとる」 のような内容が多いですね。キリが良いところで、5科目合計450点を目標にするのも悪くないのですが私が子どもたちによく言うのはこれまでの自己ベストを更新しよう! です。毎回のテストで前...

  •  0
  •  0

定着するために

No image

数学で新しい単元を学習するときの手順は語句の定義や内容説明を一通り習った後に例題の解法・解説を見てそれを真似しながら類題を解きます。例題の真似ができるようになるのが第一段階です。この時点では、新しい内容を理解できたわけではなく2~3日もたてば、きれいさっぱり忘れてしまいます。そこで、何をすべきかというと解き方に慣れ、時間がたっても忘れてしまわないよう問題演習を繰り返します。つまり定着をはかるわけです...

  •  0
  •  0

具体的に書いてみる

No image

高校数学で難問にぶつかったときの対処法として『具体的に書いてみる』ことがとても有効です。例えば確率の問題で、どの公式を使うか迷ってしまったら必死でやり方を思い出そうとするのではなく具体的な例をいくつか書き出してみるんです。そうすると、視覚による効果から新たな気づきが生まれその特徴や規則性の発見につながります。そこから、すべてを数えるかわりに計算できるところは計算していく手順でどの公式が利用できるか...

  •  0
  •  0

神宮参拝

No image

いつもより早起きをして伊勢神宮へお参りに行ってきました。近年のパワースポットブームや、遷宮、伊勢志摩サミットなどの影響からいつ行っても大勢の参拝客でにぎわっている内宮さんですが平日の朝7時前に行くと宇治橋近くの駐車場にも余裕で停められ荒祭宮でも行列はできておらず、ゆっくりお願いできました。空気もひんやりと気持ちよく、早朝の神宮参拝はおすすめです。...

  •  0
  •  0

宇宙一わかりやすいシリーズ

No image

中学生向け基本問題集『ひとつひとつわかりやすく』シリーズを先日紹介しましたが高校理科(物理、化学、生物)用参考書『宇宙一わかりやすい』シリーズ(学研)も苦手な生徒の救世主になりうるオススメ本です。物理や化学の計算問題で、公式に当てはめて答えは出せても原理を理解していなかったり現象をイメージできない人が多いです。単に公式を導く式の羅列ではなくイラストをたくさん使って視覚的にわかりやすくポイントを押さ...

  •  0
  •  0

ぜんけん模試

No image

夏休みの終わりに受験した「三重ぜんけん模試」が返却され各科目の点数や偏差値とともに志望校の合格率が出ています。中3生にとっては大変気になる数字のようですが第一志望高校が『95%(最高)』の場合この数字をどうとらえるべきか、生徒や保護者様からよく質問をうけます。文字通り大丈夫と安心して良いのか、あるいは、あまりあてにならず、楽観視してはいけないのか、たしかに迷いそうです。私の経験上、冬休みの終わり(1月...

  •  0
  •  0