archive: 2017年09月  1/2

危機感は「やる気の原動力」

No image

昨日、伊勢宮川中1生の保護者様が直接教室へ問い合わせ(相談)に来られました。また、夜にはこちらも伊勢宮川中1生が体験授業に参加してくれました。先月のテストが返却されてのタイミングと思います。中1生の数学や英語の内容が夏休みまでに比べて難しくなるためこれから徐々に成績の差がついていきます。少しでも早く手を打てば対処法の選択肢も多いですし早く解決します。不安を感じられたら、ぜひご相談ください。今日は身内...

  •  0
  •  0

適正速度

No image

中学生が数学の問題演習している様子を見ていると1問1問を解くスピードに、かなりの個人差があります。テストには制限時間があるため、少しでも速く解けたほうが良いという考え方もあるでしょうけど決して、速ければ速いにこしたことがないというものではありません。成績が上位で安定している生徒の特長として速すぎず、遅すぎず、適正なスピードで問題を解いている印象をうけます。では、どのくらいの速さが適当なのか?と考えて...

  •  0
  •  0

論語

No image

『論語』は、紀元前6世紀の中国(春秋時代)で儒教・儒学を広めた孔子の言語録です。近年、教育の場でも論語を朗読するなど活用されていますし対象年齢が幅広く、人生のあらゆる場面に応じた名言ばかりです。そのなかから3つ紹介しますね。知らざるを知らずと為せ。是れ知るなり。知らない事は知らないと自覚すること、これが本当の知るということである。学びて思わざれば則ち罔し(くらし)、思いて学ばざれば則ち殆し(あやうし...

  •  0
  •  0

ひとつひとつわかりやすくシリーズ

No image

苦手な科目を自力で克服しようとするための問題集を選ぶとき一番のポイントは「スモールステップ」です。例えば英語が苦手な中3生が、最初に戻っていちから復習をする場合1年生で習った文法をいくつの項目に分けて説明されているかその項目が多いほど、少しずつ理解しながら次のページに移れるため苦手意識のあった科目でもサクサク進めることができます。その手の問題集は解説も丁寧で分かりやすく、強い味方になってくれます。高...

  •  0
  •  0

三重中学校・高等学校入試説明会

No image

今日は三重中学,高校の説明会に参加してきました。説明会の構成は例年通りで、来年度の入試に関しても大きな変更点はありませんでした。ここ数年、私の参加目的が三重中学の野田校長先生のお話を聞くことになっています。今年は昨年に続き、高大接続改革に関わる情報と取り組み 中心でした。英語の4技能の評価方法に対して子どもたちをいかに伸ばしていくか先生個人として、また、学校として何をすべきかの一端を述べられていまし...

  •  0
  •  0

中間テスト

No image

明後日から伊勢高2年生は修学旅行ですね。天気が心配ですけど良い思い出を作ってきてください。そして、来週は山高の中間テストがあります。1年生の数学の範囲は三角比。sin、cos、tan に関する公式がたくさん出てきます。単に丸暗記しようとすると大変ですしテストで混乱します。単位円を利用することが解決策。演習のときに公式にあてはめてただ計算するのではなく時間がかかっても円を使う練習を繰り返しましょう。1年生の化学...

  •  0
  •  0

団体戦

No image

エムジェックではすでに受験生(中3、高3)の募集は締め切らせてもらっています。夏期講習から入塾し、今年度最後の中3生となったR君はフリーコースをとって夏休みの間ほぼ毎日、午前中は講習に3.5時間、夕方まで3時間、夕食後2.5時間黙々と勉強を続けてきました。その成果として、夏休み前のテスト①に比べて先月のテスト②で5科目全ての点数がアップし、合計点は380点 ⇒ 442点になりました。特に苦手意識が強かった英語は、1年生の...

  •  0
  •  0

フリーコース

No image

今日は 秋分の日 = お彼岸の中日 ということで朝からお墓参りに行ってきました。普段は通らない農道を走ると、彼岸花がたくさん咲いていました。空の雲の様子といい、もうすっかり秋の装いですね。受験勉強ができる期間もだんだん残り短くなってきます。12月以降は一気に時間が流れていくのでこの9月~11月にどれだけ勉強時間を増やせるかが大きなポイントです。もちろん、机に向かっている時間でなく、集中して勉強できている時間...

  •  0
  •  0

皇學館中学校・高等学校 入試説明会

No image

今日は皇學館の塾用説明会に行ってきました。例年通り、近況報告、今年度の入試結果、来年度の入試情報の説明があり高校入試に関して特に変更内容はありませんでした。今年の説明のなかで、2020年の大学入試を含めた高大接続改革に対する取組の紹介に力を入れていました。どの高校の説明会でも必ず出てくるキーワードは思考力・判断力・表現力、協働、アクティブラーニング、ICT環境、英語の4技能、大切なことは、具体的に何をして...

  •  0
  •  0

哲学者の格言

No image

今日は、哲学者の格言を2つ紹介します。私は、敵を倒した者より、自分の欲望を克服した者の方を、より勇者と見る。自らに勝つことこそ、最も難しい勝利だからだ。 - アリストテレス -高く登ろうと思うなら、自分の脚を使うことだ。高い所へは、他人によって運ばれてはならない。人の背中や頭に乗ってはならない。 - ニーチェ -城田中と豊浜中のテストが終わりました。以前、すべての中学・高校が3学期制だったときは各学期の中...

  •  0
  •  0

量 >> 効率

No image

中2のSさんが夏休み明けテストに続いて定期ストでも数学が100点満点をとりました。すばらしい!Sさんは決して数学が得意ではありません。むしろ不安に感じている科目の一つです。そのかわり、だれよりもたくさん問題を解いて解きまくってきました。今回のテスト範囲は計算問題よりも文章問題の割合が多かったので単にパターン暗記ではなく、きちんと理解できていたことの証です。保護者の方から「勉強の仕方がわかっていない」「...

  •  0
  •  0

方程式の利用

No image

中学数学で各学年とも「方程式の利用」の範囲が含まれます。1年生…1次方程式  2年生…連立方程式  3年生…2次方程式方程式の種類は違っても、基本となる考え方は全て同じ。「文章 ⇒ 文字を使った数式(等式)」に変換する作業。この変換能力を高めておくことが、高校数学でとても強い武器になります。ですから、初めて学習する中1のときに複数の問題集を使って様々な種類の問題を反復演習し、自信を着けておくべきです。どんな...

  •  0
  •  0

遠回り

No image

高校数学と中学数学との大きな違いは問題を解き始めるときの方針を決める際高校の問題のほうが、圧倒的に選択肢が多いところにあります。中学校の数学の問題は(ほとんどの場合)答えまでのアプローチがすぐ決まります。それに対して高校の数学はどこから手をつけたらよいのか分かりづらかったり1つの問題に対して数通りの解き方があってその選択を誤ると、途中の計算量が何倍にも多くなるケースがあります。テストのように制限時...

  •  0
  •  0

台と代

No image

スマホでメールを打っているときに漢字を迷ってしまいました。「○○ だい」 の『だい』は 台 なのか 代 なのか??その使い分けに自信がなくなってしまい調べた結果「台」 … 時間、金額、順位など  ⇔  「代」 … 年齢や年代など 例を挙げると9時台、3000円台、10番台、50代、2000年代  代は、用途が限られていて 台のほうが色々な数量に使えるようですね。   ...

  •  0
  •  0

合格講習のご案内

No image

先週もお伝えしました『県立高校合格講習』あと1名だけ募集します。10月8日から来年1月21日までの間で冬休み中を除いた日曜日の午前中に県立高校後期選抜試験対策の講習(計10回)を行います。受験生が自力では対策しづらい英語のリスニングや条件作文をはじめ国語の文法、数学の作図、証明、関数の複合問題、等々三重県の入試傾向に合った問題の演習&解説講習です。伊勢高、山高を目指す受験生を1名募集しますのでお問い合わせ...

  •  0
  •  0

伊勢学園高等学校説明会

No image

伊勢学園の塾用説明会に出席してきました。ここ数年の合格者数の推移、今年の入試結果、在校生の様子、来年度の入試要項の説明が例年通り行われ、特に新しい内容や入試に関する変更点は無く男女共学校としての認識がすっかり定着したことと最大の特色である『面倒見が良い』この一点を強調されてました。面接に関するアドバイスや専願に必要な内申点等の情報は受験する生徒が出てきたときに直接伝えていきますね。4階建ての新しい...

  •  0
  •  0

今日から数Ⅲ

No image

伊勢高国際コース2年生の数学の授業が数Ⅲに移ります。早いですね。数Ⅰ・A・Ⅱ・Bに比べてⅢの内容は難易度がかなりアップするので今まで以上に教科書の予習に力を入れて授業中の理解度を上げておきたいところです。理系の生徒にとって数Ⅲが得意になれるかどうかは大学入試の結果を大きく左右するポイントになります。後から復習して追いついていくのではなく学校の授業スピードに合わせて各単元をマスターできるよう日々の勉強を積み重...

  •  0
  •  0

wise saying

No image

英語の名言を2つ紹介します。1つめは、NBAのスター“マイケル・ジョーダン”からEverybody has talent, but ability takes hard work.誰もが才能を持っている。でも能力を得るには努力が必要だ 続いて、ノーベル文学賞を受賞したアイルランドの作家“バーナード・ショー”の When I was young I observed that nine out of every ten things I did were failures, so I did ten times more work. 私は若かりしころ、10のことを試し...

  •  0
  •  0

単語より文で覚えよう

No image

英語の受験対策をしているとほとんどの生徒が『英作文』が苦手と言います。一から完全な英文を作るわけですから他の種類の問題に比べれば難しく感じて当然といえます。単語力が足りない問題は別として時制、文型、不定詞や態など、文法の理解不足が主な原因かと思いきや前置詞の使い方が分からないという生徒がとても多く一つの前置詞が、時や場所など複数の意味を持つために混乱するようです。前置詞の意味(使い方)を覚える場合...

  •  0
  •  0

今年も続いて

No image

一昨年、昨年とエムジェックの塾生で伊勢高の国際科学コースに合格、進学した生徒がいます。今年も国際科学コースを志望し、受験勉強に励んでいる中3生がいます。5科目の全てにおいて完成度を高める必要がありますが入学後のことを考えると、特に数学を鍛えておこうと思い中学校の進度に関係なく、自力でどんどん先を学習してもらっています。定期テストが近いのでそろそろテスト範囲の内容を復習したほうがよいかと本人に確認し...

  •  0
  •  0

伊勢高の数学プリント

No image

今月から来月にかけて各高校で塾向けの説明会があり、参加してきます。伊勢高での質疑応答の際、毎年のように『数学の宿題が多すぎないか?』という意見が出ます。学校側は「他の科目の宿題も少なくない」という回答が多いです。たしかに伊勢高生の多くが数学の宿題に追われている印象はうけます。宿題がたまってしまって数学が嫌いになる危険性もありますがそれ以上に課題プリントが毎日出されるおかげで何をすべきか迷う必要が無...

  •  0
  •  0

テスト週間

No image

明日から中学校の定期ストが始まります。社会のテストに『時事問題』が出題される学校もあります。今は何と言っても北朝鮮問題。北朝鮮の最高指導者である金正恩(キムジョンウン)に加えて安倍晋三(内閣総理大臣)、河野太郎(外務大臣)、小野寺五曲(防衛大臣)ドナルド・トランプ(アメリカ大統領)、文在寅(ムン・ジェイン,韓国大統領)習近平(中国国家主席)、ウラジーミル・プーチン(ロシア大統領)も覚えておきましょ...

  •  0
  •  0

県立高校合格講習

No image

エムジェックでは来月から私立高校の入試が始まる1月下旬までの日曜日の午前中を有効活用して『県立高校合格講習(計10回)』を行います。受験生が自力では対策しづらい英語のリスニングや条件作文をはじめ国語の文法、数学の作図、証明、関数の複合問題、等々三重県の入試傾向に合った問題の演習&解説講習です。伊勢高、山高を目指す、後期選抜試験に向けて力をつけたい受験生を若干名募集しますのでお問い合わせください。フリータ...

  •  0
  •  0

ベクトルは難しくない

No image

高校数学の範囲のなかで『数B』は鬼門のようです。1年生のときは数学が得意だったのに数列やベクトルで苦労する生徒が多いです。伊勢高も山高も2年生がちょうどベクトルを学習しています。ベクトルは方向と大きさだけを持った矢印なのですが大きく分けて、式だけで解く計算系の問題と証明等の図形問題があります。そして、それぞれに関して問題のバリエーションが多いため一通り慣れるまでに時間がかかってしまいます。逆の見方を...

  •  0
  •  0

声掛け

No image

子どもたちに正論を並べても、なかなか心に響いてくれません。その点、世界レベルで闘ったアスリートの言葉は説得力が違います。努力せずに何かできるようになる人のことを「天才」というのなら、僕はそうじゃない。努力した結果、何かができるようになる人のことを「天才」というのなら、僕はそうだと思う。人が僕のことを、努力もせずに打てるんだと思うなら、それは間違いです。 - イチロー -不安もプレッシャーもありますが...

  •  0
  •  0

目的意識を持って

No image

学校の定期テストが近づいてくると何を勉強すれば良いか? と中学生から聞かれます。中学校の場合、テスト範囲がさほど広くないこともあって何をするかで迷うより(何でも良いから)勉強時間を増やすことを優先させましょう。また、学校のワークを何回すれば良いか? も、よく聞かれます。「3回」と答えることが多いのですが回数自体に意味があるのではなく、ワークと同じ種類の問題が出たら確実に正解できるようになることが目...

  •  0
  •  0

単位に気をつけて

No image

来週から中学校の定期テストが始まります。数学の範囲としては、これまで計算問題中心でしたが少しずつ文章題がはいってきます。「方程式の利用」を不安に感じている生徒が多いですね。問題のなかにはとても複雑な条件から等式を導く難しいものもありますが公立中学校のテストには素直な問題しか出題されません。速さ、割合、2桁の整数、食塩水、など学校のワークにある問題を完璧にしておけば大丈夫です。1つ注意してほしいこと...

  •  0
  •  0

目にはさやかに見えねども

No image

2学期は学校行事が多いですね。伊勢高では来週、文化祭があって今月末に2年生は修学旅行、1,3年生は遠足があります。来月の前半に中間テストをひかえているので早めに準備にとりかかりましょう。朝晩はだいぶ涼しくなってきました。これから気候は快適になるし、夜の時間は長くなるし勉強に集中しやすい環境が整ってきます。あとは、気持ちを入れるだけ。家ではついついスマホを触ったり寝たりしてしまう人どんどん塾へ来て勉強に...

  •  0
  •  0

3視

No image

偏差値が高い大学の数学の入試問題を解くときどうしてそのような発想ができるのか?という疑問が出てきます。解答の解説を読んで内容はすべて理解、納得できるけれど解き始めの時点でその解法を気付くことができなければ手も足も出ません。物事の見方には『視点』『視野』『視座』の3つの要素があります。同じ事象であっても、視点を変えると違う見え方をします。正面から見るだけでなく、反対側から見たり、斜めから見たりするこ...

  •  0
  •  0

夏の終わり

No image

今月から通塾回数を増やした生徒や新規に入塾してくれた生徒がいます。一人ひとりの目標を達成すべく、気持ちを引き締め直して指導にあたります。受験生の保護者様は、これから様々な悩み、迷いが増えることでしょう。どんな相談や愚痴でもおっしゃってください。いつでも時間をとってアドバイスさせてもらいますので。...

  •  0
  •  0