FC2ブログ
トップページ - 今日もHAPPY!

今日もHAPPY!

子どもたちの笑顔を増やすために奮闘中の日々を綴ります

category: 生徒たちへ  1/584

ご連絡ありがとうございます

No image

昨日体験に来てくれた三重高のK君から早速、入塾の連絡をもらいました。来週のテスト結果が少しでも良くなるようテスト中も毎日勉強しに来てください。そして、夏休み中の勉強量を大きく増やして苦手な分野の底上げをしていきましょう。...

  •  0
  •  0

善戦しましたが…

No image

昨日のサムライブルーに続いて今朝のなでしこジャパンと、 しばらく続いていたサッカー日本代表の真剣勝負が終わりましたね。男子はコパアメリカ、女子はワールドカップ。 どちらも、もう一歩というところでベスト8進出を逃しました。日本の特徴である速いパスサッカーはある程度通用していたのに対して、男女ともに一番の課題は決定力。サッカーは真剣勝負になると1試合のなかで大きなチャンスはそう何度もありません。その数少...

  •  0
  •  0

今日の質問から(場合分け)

No image

高校数学の色々な問題を解くうえで『場合分け』の作業が必要になります。関数の最大・最小問題や方程式、不等式の係数に文字が含まれているとき、あるいは絶対値をはずすとき等々いつ、どのように場合分けをすれば良いのか? よく質問を受けますがそれぞれの問題によって場合分けの仕方は異なりますから「こうすれば良い」という言い方はできません。1つ共通していることは、考える順序として、この問題は『場合分け』が必要かど...

  •  0
  •  0

お疲れ様でした

No image

今日は鈴鹿工業高専1年生のMちゃんが体験授業に参加してくれました。体験授業は緊張するでしょうし、静かな教室で声を出して質問するのは勇気がいると思います。そんな環境のなかでMちゃんは複数回質問をし、解説をしっかり聞いてくれました。数学で苦戦しているとのこと。 来月のテストで挽回できるよう一緒に勉強していきましょう。ご連絡お待ちしています。...

  •  0
  •  0

判別式の意味

No image

二次方程式の解の個数や二次関数のグラフとx軸との共有点の個数を識別するときに使う判別式(D)使い方は簡単。 判別式の符号が正,0,負のいずれかで、それぞれ解(共有点)の個数は2個,1個,0個になります。これを単に公式として暗記せず、なぜそうなるのかの理由を知っておいてください。まず、判別式が二次方程式の解の公式の一部分であることに気付いてますか。二次方程式の「解の公式」の分子の±に続く√の中の式そのもので...

  •  0
  •  0